PyCon JP 2014参加レポート

第1回 A Sacred Love Story:Kenneth Reitz氏/Pythonで再発見:西尾泰和氏 ─1,2日目キーノートから

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

はじめに

9月12日(金)~15日(月)の4日間にわたり,東京国際交流館プラザ平成においてPyCon JP 2014が開催されました。

オープニングの模様 ©PyCon JP

オープニングの模様

開催期間中は,チュートリアル,キーノート,セッション,LT,パーティ,スプリントなど本当にたくさんのイベントが行われました。本レポートでは4回にわたってPyCon JP 2014の模様をお伝えします。第1回目の今回は,PyCon JP 2014の紹介とキーノートの模様をお伝えします。

PyCon JP 2014とは

PyConとは,日本を含む世界各国で開催されており,Pythonユーザが集まり,Pythonに関する知識を共有したり,交流を深めるためのイベントです。PyCon JPは日本で開催されるカンファレンスで,毎年規模が大きくなっており,日本を含む世界各国から参加者が集まります。今年は 「Python で再発見 - Rediscover with Python」 をテーマとして開催され,545名の方が参加しました。

キーノート&セッション

PyCon JP 2014ではYouTube Liveによってほとんどのセッションが生放送されました。またセッションの録画をYouTubeで見ることができるようになっています。

PyCon Japan 2014の動画

1日目基調講演 Kenneth Reitz氏 ─Python 2.7 and Python 3: A Sacred Love Story

1日日の基調講演はKenneth Reitz氏でした。Kenneth氏はHerokuのPythonプロダクトオーナーであり,Python Software Foundationのフェローです。

まずは自己紹介として,Kenneth氏が関わっているプロジェクトやライブラリの紹介をしていました。またKenneth氏が興味をもっている写真や音楽,さらにスピーカーとしての活動について話しました。

Kenneth Reitz氏の講演 ©PyCon JP

Kenneth Reitz氏の講演

Language

次に,言語に関する4つの軸および,言葉の伝え方の変化について述べました。人間は言葉を通じてアイデアを人に伝えており,時間とともに伝え方が変化していること,また人間のハードウェア(体)は変化しないが,ソフトウェア(伝えるスキル)は常にアップデートされている事を述べました。

Self
Other
Time
Space
伝え方
初期の人類(自分で考える)
言葉を話す(他の人に説明する)
言葉を書く(アイデアは時間を超えて存続する)

次にコミュニケーションの変革について,具体的な事例を交えて説明しました。現代は人類の歴史において多対多で発信できる初めての機会になったと紹介していました。

コミュニケーション
One to One
一人もしくは少数の人数とコミュニケーションするのに使われた
One to Many
印刷機が発明され,大多数の人とコミュニケーションできるようになった
新聞,本,テレビ,ラジオなど
Many to Many
インターネット
インターネットにアクセスすれば,たくさんの情報とアイデアにアクセスできる
誰でも,どんなことでも,大多数の人に対して,発信できるようになった
とても素晴らしいこと(世界中の開発者と時間や距離を超えてコミュニケーションできる)

Python

The Zen of Python

次にPythonの話題に移りました。まずはimport thisで有名なThe Zen of Pythonからいくつかの項目を紹介し,Kenneth氏がPythonを特別だと思っていて,Pythonが好きだという事を紹介しました。

  • Beautiful is better than ugly.
  • Explicit is better than implicit
  • Simple is better than complex.
  • Complex is better than complicated.

そして現状のPythonには,Python2,Python3が存在していること,またその部分で分断があるので,それを解決するためにPython3をみんなで使って,フィードバックしていこうという問題提起のプレゼンテーションでした。Kenneth氏のスライドにある「You are the solution.」⁠ いう言葉がとても印象的で,Pythonを利用する私たちが,もっと問題意識をもって,積極的にPython3を利用していこうと考えさせられる内容でした。質疑応答でもPython3に関連する話題がとても多く,非常にエキサイティングなセッションとなりました。

Kenneth Reitz氏 ©PyCon JP

Kenneth Reitz氏

Kenneth Reitz氏セッションスライド

著者プロフィール

関根裕紀(せきねひろのり)

複数のスタートアップにて,さまざまなWebアプリケーション開発に携わったあと,アライドアーキテクツ(株)に入社。業務では主にWebサービスの開発全般を担当している。5,6年ほど前にPythonを使用して以来,Pythonが好き。PyCon JP 2015 副座長(プログラム),また月に一度の勉強会である「Pythonもくもく会」を主催している。

Twitter:@checkpoint

コメント

コメントの記入