PyCon JP 2016カンファレンスレポート

2日目 Andrey Vlasovskikh氏基調講演「Pythonのこれから」,注目セッションとLT,そしてクロージングへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

皆様,こんにちは。PyCon JP メディアチームです。先日公開したカンファレンス1日目の記事はいかがでしたでしょうか? 本レポートでは,引き続き2日目のキーノートやカンファレンスなどの様子をご紹介します。YouTubeへのリンクがあるTalkもありますので,ぜひご自宅や職場でカンファレンスの様子をご覧ください。

2日目基調講演 『Python3.6紹介 そしてPython3のこれから』― Andrey Vlasovskikh

(木村真)

トークセッションday2は,オープニング,そしてAndrey Vlasovskikh(アンドレイ・ヴラソフスキ)氏による基調講演「Python3.6紹介 そしてPython3のこれから」でスタートしました。Andrey氏はPyCharmのコミュニティリード,PyCharm用Vimエミュレーションのメンテナ,PEP 484型ヒントへの貢献者です。さらに,彼はPython向けfunctional parsingライブラリであるfuncparserlibの作者,ロシアのPython meetupの主催者としても活躍しています。

Andrey Vlasovskikh(アンドレイ・ヴラソフスキ)

Andrey Vlasovskikh(アンドレイ・ヴラソフスキ)氏

自身の故郷サンクトペテルブルグを,白夜や美しい街並みの写真を交えて紹介してくれたあとに,「Whot's new in Python3.6」と題して,2016年9月13日にでたPython3.6 beta1(リリース版ではなくまだベータ版です,と強調していました)の4つの特徴を語ってくれました。

  • Formatted String literals
  • Syntax for variable innotations
  • Underscores in numeric literals
  • Asyncronous generator and comprehensions

これによってノーテーションが使いやすくなったり,文字列リテラルにアンダースコアが使えるようになったり,非同期ジェネレータが使えるようになったりする,ということでした。

故郷の風景を紹介するAndrey氏

故郷の風景を紹介するAndrey氏

Andrey氏は,個人的にPython3系はすばらしいと思っているが,素晴らしいところだけ取り上げるのは不公平になるとして,客観的にPython2系との比較をしていきたい,と切り出しました。会場に対して「Python2系のみを使っている人は?」「Python2系と3系を両方使っている人は?」「Python3系だけを使っている人は?」と質問を投げ,Pycharmユーザの統計とも絡めて約半数がすでにPython3系を使っていて,Python2系と3系両方使っているというユーザも含めると56%がPython3系を使っているとのことでした。そして,1年後にはPython3系が2系を追い越すだろうと予測しました。その根拠として,PythonオフィシャルがPython2さよならPartyを2020年に行う予定であること,主要なWebフレームワークであるDjangoが2017年12月にPython2系のEoS(サポート終了)を宣言していることをあげています。

次にPython3.5から使えるようになったType Hint(型ヒント)に言及しました。Type Hintは標準的な表記法として使われ,コードチェックやエラーチェックの際に役に立っています。このType Hintについても,良い点と悪い点の両面から取り上げました。まず良い点として,型チェック,コード補完,自動リファクタリング等を挙げ,よりモダンな言語になり,精度の高いドキュメントを残すことができること等を挙げました。一方で悪い点として,より多くのコードが必要になったこと,小さなプロジェクトには不要であること,ツールが全てのフィーチャーをサポートしていないこと(PyCharmでも同様だが,サポートを約束している)などを挙げています。

Andrey氏は型付けについても触れており,静的型付けはPython2系とPython3系の間で全ての互換性があり,動的型付けも2系から3系へのマイグレーションが進んでいること,ストレージサービス大手のDropBoxのサービスはPyhon3系で書かれていることも指摘しています。

続いて大きな特徴である非同期プログラミング(async/await)についても言及しました。非同期プログラミングが可能になりtornadoやtwistedに代表されるコンパクトなフレームワークに活用されている一方で,全てのコードに非同期バージョンを書かなくてはいけないこと,DjangoやFlaskなどはブロッキングI/Oに依存しているのでtornadoなどに移行しなくては使えない点,非同期処理はCPU演算処理の負荷が高い点などを指摘しました。

最後に,Python3系を使いたければ良い点も悪い点も理解することが大切である,と基調講演を締めくくりました。Andrey氏には会場から惜しみない拍手が送られました。

Andrey氏の講演動画(32:20あたりから)

「Raspberry Piで日本の子供たちにプログラミングのパッションを伝えよう」 ―Antoine Choppin

(山口祐子)

幼少期からパソコンに慣れ親しんできたアントワン・ショパン氏。どのようにしてこの楽しさを子供たちに伝えるか,その試みを紹介しています。

Antoine Choppin氏のセッションの模様

Antoine Choppin氏のセッションの模様

ショパン氏は,子供たちにプログラミングのパッションを伝えるために,"Small", "Fun", "Story", "Language", "Friends"が重要と語りました。

まず"Small"(小さい)。小さいパソコンといえばRasberry Piが有名です。また,KANOというRaspberry Piにキーボードやスピーカーがセットになったキットも人気です。

次に"Fun"(楽しい)。先ほど言及したKANOには子供たちが喜びそうなアプリケーションが付属しています。たとえば"Make Minecraft"(オリジナルのマインクラフトを作る)や"Terminal Quest"(RPG形式でコマンドラインを勉強できる)など,楽しみながらパソコンを学ぶことができます。

次は"Story"(ストーリーを理解できる)と"Language"(自分の言語で)。KANOはとても優れていますが,対応言語が英語のみで,多くの日本の子供たちは理解することができません。そこでショパン氏はKANOをi18nで日本語対応させるという試みを行っています。課題はいくつかありますが,現在では多くのKANOアプリケーションの日本語化がなされ,日本の子供たちもKANOを楽しめるようになりました。

最後に"Frinds"(一緒に集まる)。ショパン氏は「ペンギン」という小学生向けプログラミングクラブを主催しています。毎月土曜の朝に集まり,友達と一緒にゲームなどのプログラムを作るという活動内容です。子供たちだけでなく,お父さんお母さんも参加し,みんなで楽しんでいます。プログラミングは基本一人で行うものではありますが,仲間と一緒にできると楽しさが倍増します。

このように,ショパン氏はRaspberry Piという素晴らしいパソコンを用いて,子供たちにプログラミングのパッションを伝えています。みなさんも周りの子供たちと一緒に,楽しくプログラミングを学んでみませんか?

著者プロフィール

木村真(きむらまこと)

PyCon JP 2016メディアチーム所属。PyCon JPは2016年が初参加。

普段は北関東の某CATV局に勤務。非プログラマ。いま最も熱い(と個人的に思っている)Pythonをはじめようかな~と思っていたところにPyCon JP 2016スタッフ募集blogを見て参加。

Twitter:@mktkmr4


山口祐子(やまぐちゆうこ)

PyCon JP 2016 広報・メディアスポンサー担当。PyCon JPは2016年から参加。 普段は六本木の某IT企業でコードを書いている。社内ではPython派は少数なのが悩みどころ。 趣味はヴァイオリン演奏とマラソン。

Twitter:@yukofeb


德田拓也(とくだたくや)

PyCon JP 2016 メディアチームに所属。

PyCon JPは2度参加し,今年スタッフとして初参加。都内でインフラエンジニアをやっています。学生の頃にPythonを触り,良い言語だと思い集中的に学習しました。最近ではコンテナ技術も気になっており,Docker/kubernetes/Go/Python辺りを勉強中。

Twitter:@CS_Toku


橋本安司(はしもとやすし)

CMSコミュニケーションズ勤務。PyCon JP 2015よりWeb担当をしています。

JavaScriptのフロントエンド開発を中心にWebプログラマをしています。ゲーム系のエンタメ誌のエディターや,サブカル系のショップのWebディレクターを経て,20代後半にPython/Djangoに出会い,Webプログラマとなりました。現在は,PythonとJavaScriptの両方をメインに,研究会なども開催しています。

Twitter:@yellow844

バックナンバー

PyCon JP 2016カンファレンスレポート

コメント

コメントの記入