テーマは「文化祭」!WordCamp Tokyo 2012開催

速報!WordCamp Tokyo 2012

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

まさに文化祭の雰囲気――和気あいあいの展示ブース

1日限定ジュンク堂書店

ジュンク堂書店からは,1日の臨時店舗が出店されました。各出版社から刊行されているWordPress関連書籍,あるいはスピーカーの方たちの著書を中心とした販売が行われ,たくさんの来場者が足を止め,購入していました。また,午後には,著者陣がブースに立ち寄り,臨時サイン会も行われました。

『WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド』(エムディエヌコーポレーション)著者でもあり,セッションスピーカーやハンズオンスタッフも務めたこもりまさあき氏(右から2番目)。ジュンク堂書店店員の皆さん,スタッフとともに

『WordPress 高速

技術評論社刊行の速習Webデザイン&速習デザインシリーズ『WordPress 3.x』著者陣。左から,大曲仁氏,星野邦敏氏,豊田有氏

技術評論社刊行の速習Webデザイ

クラウドソーシングを活かしたジョブマッチング「Job-Hub」

株式会社パソナテックのブースでは,クラウドソーシングを活かしたジョブマッチングJob-Hubを紹介。Job-Hubは,WordPressサイト構築・製作案件でのマッチングはもちろん,自分のスキルと仕事をマッチングさせ,働くことをつなげ広げられるサービスとして展開されているものです。

参加者に向けて,Job-Hubをアピールするパソナテックの皆さん

参加者に向けて,Job-Hubをアピールするパソナテックの皆さん

北海道から参戦!SaCSSブース

北は北海道・札幌から, SaCSSのメンバーがブースを出展しました。

和やかなムードで参加者との交流を深めていたSaCSSの皆さん

和やかなムードで参加者との交流を深めていたSaCSSの皆さん

SaCSSは,札幌のWebデザイナー・コーダーのためのセミナー・勉強会を主催している団体で,今回は具体的な何かを展示するのではなく「気軽にお話しましょう」というコンセプトで,交流を楽しめるブースとして参加していました。これも,コンセプトである文化祭にマッチした内容と言えます。

畳の上でアンカンファレンス

セッションやハンズオンに加えて,アンカンファレンスも行われていました。今回は,

  • 午前:交流を目的としたアンカンファレンス
  • 午後:通常アンカンファレンス

という2つに分けて行われました。

畳の上でのアンカンファレンス。「聞きたいセッションは」というテーマで4人一組で集まって会話するなど,さまざまな交流が行われた

畳の上でのアンカンファレンス。「聞きたいセッションは」というテーマで4人一組で集まって会話するなど,さまざまな交流が行われた

WordCampでは懇親会も自発的に!

今回,イベント運営側からの公式な懇親会は用意されませんでした。代わりに,入口付近に掲示板が用意され,そこに食べたい場所・呑みたい場所・時間などを記入したメモを貼り,つながっていくという「自発的な懇親会」を生み出す工夫がなされていたのも,今回のWordCampならではの特徴でした。

運営側が用意したのは,会場近くの店舗情報などを記載したQRコードのみ

運営側が用意したのは,会場近くの店舗情報などを記載したQRコードのみ

掲載されたメモを見ながら,「どこに参加しようか」と悩む参加者たちでいっぱいに

掲載されたメモを見ながら,「どこに参加しようか」と悩む参加者たちでいっぱいに

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

テーマは「文化祭」!WordCamp Tokyo 2012開催

  • 速報!WordCamp Tokyo 2012

コメント

コメントの記入