2017年のYAPC::Japan~リブート,その後。

2017年3月開催:YAPC::Kansai 2017 OSAKAレポート~北の大地から西へ,大阪でさらなる盛り上がり

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

春の大阪でリブート後2回目のYAPC::Japan開催

前回の北海道から約3ヵ月後の,2017年3月4日,大阪・MOTEXホール(エムオーテックス株式会社)にて,YAPC::Kansai 2017 OSAKAが開催されました。

YAPC::Kansai 2017 OSAKA
URL:http://yapcjapan.org/2017kansai/

リブート後のYAPCとして2回目となる今回,前回からわずか3ヵ月という短いスパンにも関わらず,トークの申し込みには40を超える応募があり,当初2トラックで予定したプランを3トラックに変更するほど,開催前からの盛り上がりとなりました。

それでは写真とともに,いくつかのセッションやイベントの様子をご紹介いたします。

MOTEXホールエントランス。開場時から多数の参加者が集まった

MOTEXホールエントランス。開場時から多数の参加者が集まった

メインとなったA会場。シアター形式のホールになっている

メインとなったA会場。シアター形式のホールになっている

オープニングを担当したのは,若林信敬氏@nqounet)⁠今回のテーマである「温故知新」について,⁠Perlと言えばCGIという時代で止まっている世代の方にもモダンなPerlやYAPCに興味を持っていただき,また,これからの時代を担う若い世代のエンジニアにも,昔の事を知ったうえで新しい物事を深く理解するきっかけになってほしい」という思いが込められているという背景を説明し,YAPC::Kansai 2017 OSAKAの開幕を宣言しました。

YAPC::Kansai 2017 OSAKA実行委員長,若林信敬氏によるオープニング

YAPC::Kansai 2017 OSAKA実行委員長,若林信敬氏によるオープニング

深沢千尋氏,木本裕紀氏によるゲストトーク他,さまざまなトークが満載

今回はキーノートの他,2名のゲストトークが用意されました。1つは深沢千尋氏による「実録!『すぐわかるPerl』⁠もう1つは木本裕紀氏による「MojoliciousとWebSocketでサーバーpush配信」です。

実録!『すぐわかるPerl』~Perlプログラミングの本質に迫る

深沢千尋氏による「実録!『すぐわかるPerl』⁠

深沢千尋氏による「実録!『すぐわかるPerl』」

オープニング直後にA会場で行われたのが,深沢千尋氏による「実録!『すぐわかるPerl』⁠です。このトークでは,⁠Perlプログラム」にフォーカスを当てた内容が取り上げられました。

深沢氏は,プログラミングを

  • 第1段階:自分のために作る(ワンライナー)
  • 第2段階:同僚のために作る(社内ツール)
  • 第3段階:顧客のために作る(オーダーウェア)
  • 第4段階:世界のために作る(汎用ツール)

の4段階に分け,このトークでは第1,2段階に関する解説を進めました。

Perlの強みである記述のシンプルさと汎用性の高さをふまえたワンライナーの実例や,Microsoft Officeツールとの比較など,非常に実践的な話題が盛り込まれ,トップバッターにふさわしい内容となりました。

MojoliciousとWebSocketでpush配信

木本裕紀氏による「MojoliciousとWebSocketでサーバーpush配信」

木本裕紀氏による「MojoliciousとWebSocketでサーバーpush配信」

午後に行われた木本氏のトークは,リアルタイムWebアプリケーションフレームワーク「Mojolicious」を活用し,WebScocketsによるpush配信の構築・運用について取り上げられました。

「Mojoliciousは,他モジュールへの依存がなく,cpanですぐにインストールできる点が特徴で,手軽に扱えるフレームワークである」と木本氏は紹介しました。

その後,実際にご自身の経験をもとにした解説が進みました。木本氏は,以前,プログラミング言語や文字コードが混在していたシステムの再構築に携わったことがあるそうで,その際,少しずつ小分けにして対応していったといような実体験をもとにした,ソースコードのリファクタリングテクニックなどを紹介しました。

そのシステム再構築時に採用したのがMojoliciousとのことで,HTMLとアプリはすべてMojoliciousで書き換え,結果として,ソースコード量は半減したとのこと。また,保守性は感覚的に5倍以上になったと言います。

その後,WebSocketの活用例として,Mojoliciousのサンプルを利用したリアルタイムチャットのデモを行うなど,終始実践的な内容でトークを締め括りました。

Perlの最新動向から,開発Tips,エントリユーザ向けのセッションまで

その他,最新のPerl情報を解説した,charsbar氏による「2017年春のPerl」⁠YAPC::Hokkaido 2016 Sapporoでベストトーク賞を受賞したxaicron氏による「Elasticsearch 超入門」⁠ここ大阪で2011年に始まったPerlの初心者向け勉強会 ⁠Perl入学式」をテーマにした座談会「Perl入学式座談会」をはじめ,非常に多様な,そして濃厚な内容のセッションが多数行われました。

左から
charsbar氏,xaicron氏,Perl入学式座談会

charsbar氏 xaicron氏 Perl入学式座談会

他,豊富な内容のセッションが行われた

画像 画像 画像

こちらはキーノート前に行われたLTに登壇したスピーカー(抜粋)

画像 画像 画像

他,当日のセッションタイトルについてはこちらをご覧ください。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2017年のYAPC::Japan~リブート,その後。

コメント

コメントの記入