レポート

第1回gihyo.jp FreeBSD勉強会開催―「システム/カーネル構築の高速化Tips」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

5月21日,株式会社技術評論社オフィスにて「第1回gihyo.jp FreeBSD勉強会」が開催されました。この勉強会は,FreeBSDコミッタである佐藤広生氏,後藤大地氏両名の立案がきっかけで,Software Design『FreeBSD Expert』や,FreeBSD Daily Topicsを発行する技術評論社が運営母体となり開催される勉強会です。

今回,4月15日に開催された第0回後,第1回の位置付けにて開催されました。

今回は,前回よりも1日少ない募集期間にもかかわらず,定員20名に対して50名の応募がありました。

第1回「システム/カーネル構築の高速化Tips」

第1回のテーマはFreeBSDによる「システム/カーネル構築の高速化Tips」と題した内容で,実行委員の一人である後藤大地氏がスピーカーを務めました。導入として,本勉強会の基本情報を紹介した後,本題である,システム/カーネル構築の高速化について解説しました。

第1回スピーカーを務めた後藤大地氏

第1回スピーカーを務めた後藤大地氏

参加者は皆,真剣に聴講していました

参加者は皆,真剣に聴講していました

具体的には「ビルド時間を短縮すること」を目的に,ビルド時間短縮の基本戦術案として,

  • キャッシュの活用
  • 並列ビルドの有効化
  • メモリディスクの活用

すべてに関して,これまでの経験をふまえたテクニックが紹介され,来場者がメモを取る姿が多く見られました。

たとえば,キャッシュの活用については,キャッシュを有効にすることでビルド時間を短縮できる可能性があるとし,ちょっとした変更が行われただけのバージョンアップにおいて非常に有効であると述べました。

その他,当日の資料は以下URLからダウンロードできますので,ぜひご覧ください。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm7168962

コメント

コメントの記入