レポート

「創造するアーキテクチャ(第7回アーバンコンピューティングシンポジウム)」フォト&動画レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2009年7月31日(金),パナソニックセンター東京にて「第7回アーバンコンピューティングシンポジウム」が開催された。

『創造するアーキテクチャ』と題した今回のイベントでは,パターン,Wiki,XP(技術評論社)の著者である江渡浩一郎さんをホストに,『アーキテクチャの生態系』(NTT出版)の濱野智史さん(批評家),中西泰人さん(慶應義塾大学)をゲストに迎えたパネルディスカッションが行われた。司会進行は,木原民雄氏さん(NTT)。

イベント概要は,イベントの告知ページをご覧ください。

プロフィール

江渡浩一郎(えとこういちろう)

1971年生まれ。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。在学中よりメディアアーティストとしてネットワークを使ったアート作品を発表する。1996年,sensoriumプロジェクトにて「WebHopper」を発表。sensoriumは1997年にアルス・エレクトロニカ賞グランプリを受賞。1998年,Canon ARTLABとの共同制作として「SoundCreatures」を発表。2001年,日本科学未来館「インターネット物理モデル」の制作に参加。2004年,メーリングリストとWikiを統合したグループコラボレーションシステム「qwikWeb」を公開。2005年,仮想生物の制作・共有環境「Modulobe」を発表。現在,独立行政法人産業技術総合研究所サービス工学研究センター研究員。

プロフィール

濱野智史(はまのさとし)

株式会社日本技芸リサーチャー。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了後,国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究員を経て現職。専門分野は,アーキテクチャ・デザイン(情報環境設計)の分析。ウェブマガジン『Wired Vision』上にて「情報環境研究ノート」を連載中。主な著書に『アーキテクチャの生態系』(NTT出版)。

プロフィール

中西泰人(なかにしやすと)

慶應義塾大学環境情報学部准教授。コンピュータと都市,建築を結びつける時空間デザインを研究。主なメディアアート作品に「時空間ポエマー」「Narrative Hand」「記憶の告白-reflexive reading」。主な受賞にグッドデザイン賞(新領域デザイン部門)等。著書に『POST-OFFICE』等。博士(工学)。

プロフィール

木原民雄(きはらたみお)

日本電信電話株式会社NTTサイバーソリューション研究所主幹研究員。公共空間でのインタラクティブシステムの研究開発等を手がける。主なメディアアート作品に「Interium」「Lagrange Game」等。主な受賞にPrixArsElectronica Interactive Art部門honorary mention入選,情報処理学会山下記念研究賞。博士(情報理工学)。

フォトレポート

写真1 会場のパナソニックセンター東京ホール

写真1 会場のパナソニックセンター東京ホール

写真2 イベントスタート。左から濱野智史(批評家)さん,中西泰人(慶應義塾大学)さん,江渡浩一郎(産業技術総合研究所)さん,木原民雄(NTT)さん

写真2 イベントスタート

写真3 タイムテーブル。一人ずつ発表した後,全員でパネルディスカッション

写真3 タイムテーブル

写真4~16 『パターン,Wiki,XP』から,アレグザンダーの「無名の質」,ニコニコ動画,日本のWebは残念なのか,梅田望夫さんと西村博之さんの対比まで,幅広いトークが繰り広げられた。詳細は動画をご覧ください。

写真4 幅広いトークが繰り広げられた(1)

写真5 幅広いトークが繰り広げられた(2)

写真6 幅広いトークが繰り広げられた(3)

写真7 幅広いトークが繰り広げられた(4)

写真8 幅広いトークが繰り広げられた(5)

写真9 幅広いトークが繰り広げられた(6)

写真10 幅広いトークが繰り広げられた(7)

写真11 幅広いトークが繰り広げられた(8)

写真12 幅広いトークが繰り広げられた(9)

写真13 幅広いトークが繰り広げられた(10)

写真14 幅広いトークが繰り広げられた(11)

写真15 幅広いトークが繰り広げられた(12)

写真16 幅広いトークが繰り広げられた(13)

写真17 全員で記念撮影

写真17 全員で記念撮影

動画

木原民雄さんによるイントロダクション

中西泰人さんのセッション

江渡浩一郎さんのセッション

濱野智史さんのセッション

パネルディスカッション

『創造するアーキテクチャ』第7回アーバンコンピューティングシンポジウム
URLhttp://panasonic.co.jp/center/tokyo/event/all/index.html#a002927

コメント

コメントの記入