レポート

Webとリアルの可能性が見えた1日―第13回RIAコンソーシアム・ビジネスセミナー開催(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

後編では,2009年8月6日,RIAコンソーシアム主催のセミナー「第13回RIAコンソーシアム・ビジネスセミナー~明日のWebデザインへのヒント!~」のパネルディスカッションの模様についてお届けする。

(前編はこちら

Web/広告両方の切り口から,多彩なパネリストが登壇

各社個別のプレゼンテーションの後は,これまで登壇したメンバーに加えて(ワンパク野村氏を除く),トリプルセブン インタラクティブ福田敏也氏,ビーコン・コミュニケーションズ渡辺英輝氏があらたにパネリストとして参加し,ワンパク阿部氏モデレートによるパネルディスカッションが行われた。

このパネルディスカッションでは「これからのWeb、明日のデザインとは」がテーマとして掲げられ,現状のWebとデザイン,今後の課題と可能性について議論された。

今,インタラクティブ領域の最前線で活躍する顔ぶれが集まったパネルディスカッション

今,インタラクティブ領域の最前線で活躍する顔ぶれが集まったパネルディスカッション

不況下におけるWebとデザイン

阿部:

今回のパネルディスカッションでは,未来を大きなテーマとして考えています。しかし,未来を語る前にまず現状把握も重要です。最初のテーマとして「不況といわれている今の状況をどう捉えているか?もしくはどう捉えて考えていったら良いのか?」についてお話しいただけますか。

渡辺:

私が関わっている広告業界は本当に不況を感じます。中でも,レガシーなビジネスモデルについてはそれ自体を見直す時期に来ていると感じています。その要因の1つは,マスメディアと新しいメディアとが現在進行中で変化をしているからです。実際の動きとしても,TVCMが減って,デジタル中心に考えているクライアントが多くなってきていますし,デジタル発信によるキャンペーンを考えていることが多いですね。

ここで問題なのは予算総額が減っている点です。そのため,大きなコストがかかるTVCMが減少することにも繋がっていますし,また,デジタルに変えるといってもこれまでの(消費者/ユーザに対する)コミュニケーションの取り方とは在り方ががらっと変わっているので,それに対してどう対応するかが重要ですね。

阿部:

なるほど。ちなみにTVが減った分,インターネットに流れると思います?

福田:

そんなことはないですね。発注側にも基本としては「お金を使っていこう」という意識がありますが,今年はやめておこう,という感じです。

阿部:

制作側から見てどのように感じますか?

田中:

私たちの場合,それほどたくさんの本数をこなしていないので,数という点では不況の前から不況でしょうか(笑)。ただ,基本的にあまり断ったりもせず,ちょうど良い仕事の数を受けているように思います。

阿部:

それは仕事の数を求めていないということですか?

田中:

いえ,仕事の数を増やしたいとか増やしたくないというよりも,「不況の時だからこそがんばろう」というような,ややねじ曲がったポジティブさにはあまり乗れないという意識ですね。必要以上にならないというか。私たちとしては,まず創ることに対して一生懸命になります。

また,マスとデジタルという点で見ると,現時点では,(インスタレーションなどは)創り上げたところから最終的にはマスに展開したいという気持ちもあるので,その点ではマスメディアへの依存度が高いのかもしれません。

これからは,もっとインターネットを軸にしたビジネス展開をしなければいけないとは考えています。

吉川:

私たちは,人数的な面からも元々受けれる量が少ないですし,組織自体が立ち上げたばかりでもあるので,これからですね。

コミュニケーションデザインにおけるWeb

阿部:

では,次のテーマに移りましょう。未来という観点で見ると,ここ数年でコミュニケーションデザインを考える上でのWeb(インタラクティブメディア)の立ち位置は変化してきているように感じます。これは,今後どのように変化していくと思われますか?

福田:

まず,今の状況と5年前とではあまり比較にはならないと思います。技術の進化,状況の変化などがありますから。おそらく,変化という点で見る場合,市況が上向きに戻ったときに,どういうお金の使い方をしているか,それを今から見据えられているかどうかが大切です。

TVCMをはじめ,これまでの流れでは確保する形で予算を取ったり,慣習的に使ってしまうメディアがありましたが,今のような不況に陥った結果,そういった慣習が途切れています。今後は,(Webを扱う予算が確保できたとき)どこまでできるか,に寄るのではないでしょうか。

渡辺:

ケースバイケースであるので,一概には言いづらいですが,この不況によって効率化の考えが強くなっています。それは,福田さんもおっしゃったように使える予算が減ってきたからです。今のままではこの流れがさらに突き詰められていくようになります。

僕たちの仕事は,そこをどうにかしてブレイクスルーすることです。半分妄想になってしまいますが,消費者や企業が期待しているところと,実際のところをどのようにつなげるか,そこにWebを活用し,広げていくことが大切だと思います。

阿部:

たしかに,これまでは発注側のオーダーは単に「Webサイトを作ってください」というものが多くありました。結果として,Webにだけお金をかければよいというようにも捉えられてしまいます。しかし,先ほどの各プレゼンテーションを見てもわかるように,Webからはみ出したものが増えています。このあたりは,広告側から見てどうでしょうか?

渡辺:

私もそれはすごく感じます。これまで,クライアントからの発注要件は「カッコイイものを作って」というイメージでしたが,最近は「人を動かすものを作って」というオーダーが主流になってきています。

福田:

実際,クライアント側にも迷いがあるのは感じますね。その中で,今渡辺さんがおっしゃった「人をどれだけ動かしたのか」という指標に対して,クライアントが目を向けてきています。

もう一方で,そうなればそうなるほど,マスの力を考えるようになっている事実もあります。これは,Webが持っているコミュニケーション力の限界,マスメディアの意味,マスメディアの強みというのを改めて実感する時期に来たとも言えますね。

当然,僕らもWebだけで「おもしろいこと」「人を動かすこと」をやってくれと言われても困るわけで,どれだけ人を動かすというオーダーがあればTVを含めたマスを含めて考えていかないと,その約束を果たせないわけです。

阿部:

むしろWebとTVが敵対すると言うよりも,他のメディアを学んでいかなければいけないという時期なんでしょうね。また,そういう流れになっていくことが必要だと感じます。

福田:

そうですね。昔,私たちがCMを作っていた時代は,作ったCMがどのチャンネルで流れるか,いつ流れるかを知らなかったわけですし,そもそも明示するという考え方はなかったわけです。つまり,誰が見ているものがはっきりわからないものを作っていたことにもなります。しかし,本当であれば誰が見ているかまでを意識しないと,人を動かすことはできないわけです。とくにWebのように数字が取れるメディアであれば,その必要性は高まります。

田中:

もう1つ,オーダーのされ方として「普通のサイトを作って」って言われるのですが,このような漠然としたお題が多いことがよくあります。そういうときには,制作側からも「それだったらこうしたほうがいいですね」など,積極的に意見を伝えていくことがあります。これは,Webを作ってきた自分たちだからこそ,わかることでもあるわけです。

菅井:

加えて,最終的には自分たちで考えることは大事ですが,人の意見も大事です。そこで,発注側の意見もしっかり理解しなければいけないですし,そのためには一緒に考えていく必要性があります。一緒に考え,意見を述べ合うことで真意に近づけるからです。

その点で,今テーマとなっているコミュニケーションデザインにおけるWebを作るためには,(発注側との)意見のやりとり,話し合いをする作業が最も多かったりしますね。

コメント

コメントの記入