レポート

アジャイルカンファレンスTOKYO 2009

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

12月8日,⁠Agile Conference tokyo 2009」が盛況の中終了しました。ご来場いただきました皆様にはお礼申し上げます。

12:30の開場を前に,ホール前には長蛇の列ができており,改めてアジャイル開発についての関心の高さを実感させられました。開場後のホールは,ほぼ満員の状態です。

受付に並ぶ参加者の列

受付に並ぶ参加者の列

基調講演

ThoughtWorks北京のジェネラルマネージャーであり,ThoughtWorks本社の副社長でもあるXaio Guo様の公演です。公演スライドには相当力を入れていただいたようで,納得行くものに落ち着くまで,何度もやりとりが続きました。その甲斐あってか,非常に興味深い情報が満載の公演となりました。

満席の基調講演

満席の基調講演

中でも,大規模アジャイル開発の取り組みについては,興味深いものでした。日本国内では数百人,数千人といった大規模なアジャイル開発の事例は,ほとんどありません。それだけに,本公演で示されたポイントは,有益なものであったと感じております。

ThoughtWorks Inc. マネージングディレクター Xaio Guo氏

ThoughtWorks Inc. マネージングディレクター Xaio Guo氏

また,最後に最も難しく大切なことは,文化の変革である。と締められていたのがとても印象的でした。やはり,アジャイル開発は,これまでとは「やり方」⁠考え方」が異なるものであり,それを普及させることの難しさを示されていたのだと思います。このような,アジャイル開発の導入をスムーズに進める教育プログラムや導入支援サービスのあり方について,改めて考えさせられました。

マイクロソフトとIBM

基調講演の後には,マイクロソフトとIBMの二大アジャイルツールベンダーによる講演がありました。どちらも,アジャイル開発プラットフォームを戦略商品として位置づけており,それらの商品紹介を主軸においた内容となっています。

最初に,マイクロソフトの長沢様の講演です。マイクロソフト社のアジャイル開発の取り組みと,VisualStudio2010 のご紹介が主な内容でした。

マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 長沢 智治氏

マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 長沢 智治氏

マイクロソフト社も,VisualStudio開発部門が率先してアジャイル開発に取り組んでいるとのことで,自ら実践したアジャイル開発のノウハウを製品造りに活かしているそうです。⁠ムリ・ムラ・ムダ」⁠Yellow/Red Game」⁠Quality Gate」といった,メタファやアナロジーを積極的に活用している点が印象的でした。

また,後半のVisualStudio 2010では,さまざまな機能の紹介がありましたが,個人的に惹かれたのは,MacOS や Linux といった Windows 以外のOS から,Eclipse 等のツールを使って Team Server の利用が可能になる点でした。.NETフレームワーク上の開発に限らず,幅広い局面での採用が期待され,要注目のツールです。

VisualStudio 2010でのアジャイル開発を紹介

VisualStudio 2010でのアジャイル開発を紹介

続いて,日本IBM の玉川様による RTC(Rational Team Concert)のご紹介がありました。総花的なツールの各機能の紹介ではなく,リアルタイムコラボレーションの体感にスポットを当てて,目の前で分散開発を実践してみせたのが印象的でした。

日本アイ・ビー・エム株式会社 ラショナル事業部 玉川 憲氏

日本アイ・ビー・エム株式会社 ラショナル事業部 玉川 憲氏

遠隔地にいる方と音声チャットツールで連絡を取り合いながら,統合リポジトリを通じて情報を連携しあう様子は非常に興味深いものでした。開発リーダーの手元にリアルタイムで各開発拠点の進捗が集まって来て,リーダーはそれを簡単にデプロイし,内容を確認することが可能となります。RTCは大規模な分散開発を視野に入れて開発されたツールですので適応局面を選びませんが,個人的には無償で使える10人以下の小規模プロジェクトへの導入がお勧めです。

神奈川県にあるIBMの事業所との2元中継の画面を映しながらのデモ

神奈川県にあるIBMの事業所との2元中継の画面を映しながらのデモ

マイクロソフトやIBMのような巨大ツールベンダーが相次いでアジャイル開発の統合サポートツールを打ち出してきている状況に,アジャイルの新しい波を感じます。特に,アジャイル開発には「開発の見える化」が欠かせませんが,そのコストを劇的に吸収してくれるのがこれらのアジャイル開発ツールです。見える化のコストが高いゆえに,一つの場所に集まって,密度の高い情報交換を行うのが従来のアジャイル開発のスタイルでした。その情報流通コストを下げることで,分散開発や,大規模開発においても,アジャイル開発手法のメリットを発揮することが可能になります。

また,両社とも,アジャイルという言葉をストレートに使うのではなく,アジリティといった用語を用いているのが印象的でした。従来のアジャイル開発との違いを出そうとしているのかもしれません。しかし,アジャイル開発手法にメリットを見出していることに,間違いはありません。この開発手法を展開することは,既存の開発手法にはない新たな付加価値を提供する(=ビジネスとして成立し得る)といった本気を感じました。

著者プロフィール

設楽秀輔(したらしゅうすけ)

1994年,慶応義塾大学経済学部卒業。エンターテインメント系企業にて経営管理を経験後,システムインテグレータとして金融アプリケーションなどのソフトウェア開発に従事。2007年,株式会社テクノロジックアートに入社し,現在に至る。

テクノロジックアートアジャイル開発グループグループリーダー。認定スクラムマスター。会計士補。

コメント

コメントの記入