レポート

「MongoDB Conference in Japan」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

3月1日,MongoDB Conference in Japan⁠通称,mongotokyo)が開催されました。本稿では,日本ユーザーグループMongoDB JPの代表をやらせていただいている筆者から,イベントレポートをお届けします。

MongoDB Conferenceとは

MongoDB Conferenceは,開発元である10genが主催している国際カンファレンスです。10genのエンジニアが世界各地へ飛び回り,現地のMongoDBユーザーと複数の発表セッションを通じて交流を行う,非常にエキサイティングな催しです。

このConferenceは今までアメリカ,ヨーロッパを中心に行われていましたが,これまでアジアでの開催は一度もない状況でした。というのもMongoDB自身がアメリカ・ヨーロッパで爆発的に普及しているのに対して,日本ではようやく認知度が高まってきてはいるものの,foursquareのようにMongoDBを実サービスの中で採用している企業はまだ少数であるといった温度差があるからです。そういう背景もあり,またMongoDBの可能性を強く感じている筆者は昨年12月にMongoDB JPを設立し,MongoDB Conferenceのアジア初の日本開催を実現することを直近の目標に掲げて活動してきました。そしてそれが3月1日,mongotokyoとして楽天で行われ,現実のものとなりました。

120名以上の参加,質問の絶えない有意義なカンファレンスに

mongotokyoもその他のMongoDB Conferenceの流儀にしたがって,有料のカンファレンスとなりました。早期申し込みで$50,一般申し込みは$100と決して安いものではなく,かつ年度末の平日開催ということで,どれだけの人が集まるか非常に不安なところがありました。しかしgihyo.jpにおける告知記事の掲載等のおかげで,120名以上の方に参加していただけました。さらに,たくさんの楽天の社員の方々にも足を運んでいただき,大盛況の結果となりました。

また,各セッションの発表後には質問が絶えず,非常に有意義な場となりました。多くの参加者にMongoDBが切り開く可能性を感じてもらえたと思っています。

今後ともMongoDBの活動を精力的に行っていきます

mongotokyoはMongoDB JPとしての1つのゴールでありましたが,また同時に今後日本で盛り上げて行くためのスタートでもあると思っています。今後とも勉強会やドキュメント整備ユーザーサポートや記事執筆など,活動を精力的に行っていきたいと考えています。また,その後中国でも行われたmongobeijingでは無料とは言え,mongoSVに並ぶ500名規模の参加者があったようで,アジアでの交流なども行えればと思っています。

セッションレポート

ここからは各セッションに対するレポートをスライドとビデオと共に行っていきます。

1.「Welcome to Mongo Tokyo and Introduction to MongoDB」

最初にRoger Bodamer(SVP, Products & Engineering, 10gen)より,MongoDBのイントロダクションが行われました。MongoDBがNoSQLの中でもどのような位置づけであり,世界での利用状況はどの程度であるのかに始まり,特徴的な機能が紹介されました。現在毎月120,000のペースでダウンロードがあり,爆発的に普及が進んでいるとのことです。この数字には驚きました。

画像

2.「Replication and Sharding」

続いてAlvin Richards氏(Senior Director of Service & Enterprise Engineering, 10gen)より,MongoDBの最も特徴的な機能と言っても過言でない,ReplicationとShardingというスケーリングに関する詳細な発表がありました資料はこちら)⁠

画像

MongoDBはReplica Setを構成することで,現在マスターとなっているサーバーの障害時に自動的にスレーブをマスターに昇格させて機能を維持する,フェイルオーバーという機能を持った複数台のレプリケーションを構成することができます。また,スレーブ側からも読み込みを許可することできますので,レプリケーションを増やすことで,読み込みに関してスケールを行うことができます。さらに,Shardingを構成することで,データを特定のキーに従って複数のサーバーにデータを分散して配置することができます。しかもキーさえ指定すれば自動的にデータの分配ルールを構築してくれ,またシャード間でデータのバランスが崩れてきたときには自動的にバランシングを行ってくれまる便利な機能を備えています。これにより,書き込みに対してもスケールを行うことができます。Alvin氏はこのReplicationとSharding機能の詳細を説明しました。

ここまでの内容(冒頭,1分強ほど欠けています)

上記質疑応答(録画できた部分のみ)

3.「Schema Design」

再びRoger Bodamer氏にバトンが渡り,MongoDBにおけるSchema Designが説明されました。MongoDBはスキーマが自由に設計できますが,逆にそれがどのようにスキーマを設計すべきなのか,悩ましく思っている人も多くいます。例えば1つのコレクションの中に様々なリレーションを押し込むべきなのか,またObjectIDの参照を使うことで複数のコレクションにわけるべきなのか,また後者の場合にはどうのようにしてコレクション間の参照を行うのか,さらにはMany to Manyの設計についてなど,ドキュメントには詳しく書かれていない詳細な内容も説明されました。とても貴重な機会であったと思います。

著者プロフィール

井上敬浩(いのうえたかひろ)

MongoDB JP主催者。MongoDB日本語ドキュメント訳もしています。現在はアルバイトとして芸者東京エンターテインメントGTEでソーシャルアプリのログ解析を1人で担当しています。Hadoop,MongoDB,GraphDB(Neo4j)を使用して,大規模かつ複雑なソーシャルデータの解析を行っています。解析技術においては業界一を本気で目指しています。

Twitter:@doryokujin

コメント

コメントの記入