レポート

「第4回 Jenkins勉強会」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

10月15日に株式会社グリー様の会場をお借りして,75名程度の参加者と共に第4回Jenkins勉強会を開催いたしました。本稿では,本イベントをレポートします。

今回のテーマは「C/C++/C#(...etc)プロジェクトにおけるJenkinsの運用について」です。今回の参加者の過半数は,主にC/C++/C#に携わっている方ということもあって,少しでも日々の業務で活かせるものを持ち帰ろうと皆さん熱心に発表を聞いていました。

なお,当日のUstreamをはじめ,各発表者の発表資料や参加者の感想ブログはwiki.jenkins-ci.orgにまとめられています。本レポートの補足として参照ください。

画像

クロスコンパイルに役立つマルチ構成プロジェクトの紹介

川口氏の今回の発表は,マルチ構成プロジェクト機能の紹介です。マルチ構成プロジェクトについては,以前川口氏がgihyo.jp上に寄稿した記事も参考にしてください。

画像

マルチ構成プロジェクトは,ほぼ同一のビルドを様々な環境で行う場合に適しています。例えば,複数プラットフォームでのコンパイルなどのように,ビルド内容はほとんど同一だが構成の一部が異なるという場面を想定しています。また,構成の組み合わせによっては,テスト数が爆発したりそもそも意味のない組み合わせが含まれることもありますが,この対策として組み合わせをフィルタする機能も搭載されています。

今回はコンパイラの種類を例として挙げていましたが,その他にも様々な状況で活用できます。例えば,SeasarのS2JDBCをホストしているJenkinsでは,⁠データベース×JDKのバージョン)の2軸でマルチ構成プロジェクトを構成しています。似たようなプロジェクトを多数抱える状況となったら,一度マルチ構成プロジェクトを検討してみるとよいでしょう。

「Jenkins+α」で開発環境がみるみる良くなる VisualC++編

粉川氏による,Jenkinsを絡めた,C++での開発環境について発表です。

画像

最初に,Jenkinsの基本機能について簡単な説明をして,それを踏まえた上で実際にどのようなJenkinsプラグインや関連ツールを導入したかを話しました。自動ビルド/自動テストに始まって,静的解析やBTSとの連携まで幅広く紹介したのですが,最初からすべてを取り入れたわけではないとのことです。まずは自動ビルドから行い,その後に効果が高く使う人の反応がよいプラグインから優先的に導入したと述べていました。

すべてを最初から導入する必要がなく,効果が高そうな項目から順次導入できることはJenkinsの長所の一つです。Jenkinsを新たに導入しようと考えている現場では,従来の開発プロセスを崩さない範囲で導入していくのがよいでしょう。その後,メンバーがJenkinsの効果を感じることができるようになったタイミングで,より大掛かりな機能・プラグインの導入に持っていくやり方が周囲の理解も得られやすいと思われます。

輪るBingドラム.NET - CI戦略,しましょうか

名古屋から発表に来ていただいたbleis氏は,業務で運用しているシステムの構成紹介と,運用していく中で感じたことについて発表しました。

画像

システムの構成要素として,Jenkinsの他に.NET FrameworkとGit / MSBuild / NUnitを使用しており,これらに対応するJenkinsプラグインと共に認証・認可を行うためのプラグインなどを組み合わせているとのことです。開発・運用を進めていく中でJenkinsがもたらした効果の一つとして,⁠開発者に安心感を与える」ことができた点を挙げていました。一方,失敗談もいくつか紹介されましたが,総括すると「基本に忠実に」従うことが大事であると纏めていました。

「開発者に安心感を与える」という点は,まさにJenkinsが目指していることです。開発者は,Jenkinsによって不安要素から解放され,より本質的な作業に集中できるようになります。この辺の感覚は,bleis氏が感じたように,実際にJenkinsを運用していく中で実感することになるでしょう。

著者プロフィール

中村知成(なかむらともなり)

株式会社ヌーラボ所属。日本Jenkinsユーザ会では,イベントの運営面を主に担当。

前職で課題管理・構成管理といった開発環境の整備に面白さを感じ,BacklogというBTSを提供しているヌーラボに転職。一人前のビルド職人になるべく日々奮闘中。最近は,開発環境を強化するツールとしてのGroovyに注目している。

Twitter:@ikikko
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/ikikko/

コメント

コメントの記入