レポート

2013年関心のある技術は?トップ10発表,テック界のスター誕生!「CROSS VS」,アンカンファレンスも大賑わい ~「エンジニアサポート新年会2013 CROSS」レポート(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

1月18日に,西新宿ベルサールグランドで勉強会の祭典エンジニアサポートCROSS 2013を開催しました。

昨日公開したレポート前編では「次世代Webセッション」「スポンサーセッション」について紹介しましたが,後編である今回は「Tech 10」セッションと,今年実施した新企画の「CROSS VS」「アンカンファレンス」についてレポートします。

「Tech 10」

「この飲み会の概要は…」⁠この会場でやるのってアニメ10だっけ?」⁠僕と契約してFreeBSD使いになってよ」などの異色の様相で始まった「Tech10」⁠

データホテル株式会社 伊勢幸一氏,さくらインターネット株式会社代表取締役社長 田中邦裕氏, 技術評論社 Software Design編集長 池本公平氏など,Web界隈の一部では知らぬ人のいない面々が,2012年に「来た」技術,2013年に「来る」技術,エンジニアの生きる道,心構え,技術本の売れ行きから見るマーケット情報などを交えて,熱く楽しいトークを繰り広げました。

伊勢幸一氏

画像

2012年の振り返り

まずは,昨年のCROSS 2012の参加者アンケートの振り返りを行いました。

「2011年キタコレ技術」「2012年クルコレ技術」

画像

昨年は,⁠2011年キタコレ技術」⁠2012年クルコレ技術」の両方のランキングでHTML5が1位となっていました。注目された理由について「クライアントアプリを使いたくない,つまりタブレットやスマホアプリを別に作るくらいなら,HTML5で共通に書いてしまえという人が多かったのではないか」と指摘した田中さんと,⁠注目はされているようだが,そこまで本は売れなかった」と嘆く池本さん。実際にエンジニアが必要とする情報のマーケットと注目や興味とは多少異なるところがあるのでしょうか。

また,最新のテクノロジーであるHTML5をやると給料に反映されるかという疑問に対し,⁠HTML5をやると給料が上がる,⁠ただし,さくらインターネット以外では!!』ウチはウチ,ヨソはヨソ」⁠田中社長)とのこと。一つの技術に取り組んでいるだけでは,給料を上げることは一筋縄ではいかないようですね。

田中邦裕氏

画像

2013年のカテゴリ別ランキング ~ランクインしているものの不思議

そして2013年のカテゴリ別ランキングが発表されました。ランキングはCROSS参加者の興味から作成されていますので,このランキングをみると,市場の動向がうっすらと見えてくるように思います。

例えば,昨年ランクインしていたiOSは今回ランクインしていない。このことについて,⁠iOSが当たり前のもの(コモディティ)になったといえるのではないだろうか。むしろAWSが入ってきている点が気になっていて,AWSがコモディティ化しインフラとして市場に認知されてきているのではないのだろうか…。もしかして,ランキングされると使われないってことなの?」と発言した田中社長に対して,今年は)IPv6,オープンフローも入ってきているので,これらもやっぱり使われないということ?」と伊勢さんが切り返し,会場の爆笑を誘っていました。

2013年カテゴリ別ランキング

順位 OS関係 クラウド分散技術関係 データベース関係 フロント・スマフォ関係 運用開発手法関係 言語関係 統計解析関係
1位 Linux AWS MySQL HTML5 CI JavaScript Data Mining
2位 Internet Cloud MongoDB iOS DevOps Ruby 統計
3位 Web Socket Hadoop Memcached Android Programming Node.js Log
4位 Open Source IaaS PostgreSQL CSS3 Monitoring PHP 機械学習
5位 Network PaaS Hive Security Test Perl Solr
6位 Unix Google HBase Visualization Infra Python 自然言語処理
7位 Storage SaaS Titanium Development Scala Lucene
8位 SPDY Mahout UI Trouble Shooting R
9位 UX LogCollector Haskell
10位 Design Document Lisp

技術タグのカテゴライズの難しさ

技術をカテゴリ分類する試みについては,分類する人の主観が入りやすく観点も様々なので,正確なカテゴライズはやはり難しいようです。ましてや最新のテクノロジーとトラディショナルなテクノロジーがCROSSするWeb業界。登壇者たちも,登録された技術情報の粒度や分類については困惑していました。

例えば,⁠Linux」「IaaS」と非常にざっくりとしたものから「MySQL」⁠MongoDB」といった製品,はては「DevLove」⁠人事」などテクノロジーではなくコミュニティの名前やエンジニア活動の枠のようなものもあり,入力側も何を入れたらよいか,困っていたのかもしれません。

逆に言語関係は,比較的カテゴライズしやすかったようです。田中社長は「男は黙ってC!!」⁠伊勢さんは「JavaScriptがあればJavaのカテゴリは不要!!」と発言して会場の笑いとどよめきを誘っていました。ちなみに,さくらインターネットではC言語がかけると給料が上がるようです。今年はエンジニアを積極採用するようなので,興味のある方は検討してみると良いかもしれません。

ランキングの中のキャリア

「テクノロジー」ランキング内に「キャリア」というタグがあり,それについて「皆興味があるはず」と伊勢さん。しかし,⁠何年か前に『生き残り』っていうテーマでやったけど案外みんなそういう話題は嫌いみたい,あまりそこらに触れると『やめてくれ』っていう声が。⁠俺は職人として生きたい』人が結構いるみたいで……」と池本さん。キャリアデザインには興味があるものの,職人魂がそれを全面に出すことを拒むような気質がWeb業界のエンジニアにはあるのでしょうか。

また,⁠ネット系は今から10年,15年くらいはいけると思っている,IT業界の高度経済成長は終わっていなくて,みんな給料上がって,みんな出世できる世の中ができるかもしれない」と田中社長が明るい未来について語ったところ,即座に伊勢さん,池本さんの両名から「はい!ダウト!!」の声があがり,明るい未来も見えつつ,業界の激しい競争も垣間見えました。

テクノロジーの幻想を打ち砕く

カテゴライズされた各分類でのランキングが語られる中,池本さんがHadoopの本を例にあげ「読者構造が変わってきていて,わかる人は(わかっているから)本を買わない,⁠わからない人は)難しい本は読まない,⁠だから)買わない,ってなってきてしまっています。よほどわかりやすく書かないと売れないですね。Hadoopをどうやってビジネスに展開するか,いまいち想像ができないんだろうと思います」と発言。当初から技術に精通しているエンジニアと,ビジネスに活かせることがわかってから技術に入っていくエンジニア層がいることが改めて見て取れました。

また,⁠テクノロジーについては,みんなが持っている幻想を打ち砕くことが必要で,インターネットに載っているものを真に受けない力を身につけることが必要」と語られたのも非常に印象的でした。エンジニアには,すべてのテクノロジーを良いところと悪いところ含めてちゃんと見る力が求められているのでしょう。なかなか大変な時代になって来ました。

様々な技術について簡単にわかる「30ページでわかる◯◯」⁠アニメでわかる◯◯」のような本があったら良いと3名が言及していたので,今年販売されることを期待しましょう。

池本公平氏

画像

総合ランキングに今のWeb業界を垣間見る

総合ランキングからは,AWSの上でLinuxベースのOSを利用し,MySQLを使ったHTML5とJavaScriptをフロントエンドに,バックエンドをRubyかNode.jsでクライアントをiOSで作っているという現在のWeb業界を見ることができました。

2013年総合ランキング

順位技術タグ得票数
1位MySQL95
2位Linux90
3位AWS85
4位HTML582
5位JavaScript80
6位MongoDB76
7位Ruby72
8位Cloud69
9位Node.js62
10位iOS58

個別技術では,MySQLのI/O負荷を軽減するようなテクノロジーが発達していることから,エンジニアの質というよりは,単にコストの問題として捉えて現状の課題解決を図るようなものが多かったようです。

伊勢さんからは,変化していく技術のなかでひたすらにトレンドを追いかけて行くのではなく,エンジニア自身が好きな技術をひたすら追いかける,現状の課題解決のためだけにテクノロジーを採用するのではなく,エンジニアの技術を高めるほうが,モチベーション的にも,企業の成功のためにも重要だというお話があり,テクノロジーとの関わり方について非常に考えさせられました。

以上,だいぶ端折ってしまいましたが,それぞれの技術項目での非常に深い話,エンジニアの生き方についての話,本の売れ行きの話ありと,多彩な内容となりました。来年は,⁠アニメでわかる◯◯」シリーズのランキング企画でお会いできればと思います。

著者プロフィール

森藤大地(もりふじだいち)

ニフティ株式会社 データマイニング/Webエンジニア

自然言語処理・言語発達のニューラルネットワークなどの研究を行った後,ニフティ株式会社に入社。レコメンデーションエンジンの設計開発などを行ない,現在,全社的なデータ保持・解析基盤の構築・データマイニング業務に携わる。興味の赴くままにHTML5,JavaScript,Node,MongoDB,Hadoop,OpenIDなどの勉強会に参加しつつ,日々開発業務を楽しんでいます。

Twitter:@muddydixon

コメント

コメントの記入