レポート

Adobe,同社のクリエイティブツール「Adobe Creative Cloud」のアップデートを発表――クラウドサービスとして生まれ変わり,2013年6月18日から提供開始予定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Adobe Systemsは2013年5月,米国でのイベント「Adobe MAX, The Creativity Conference」を開催し,Adobe Creative Cloudのアップデートを発表した。同5月7日,東京にてアップデート内容を含めたMAX速報イベントが開催された。

同社の現状,Creative Cloudに込めた狙いについて語るアドビ システムズ株式会社代表取締役社長クレイグティーゲル氏

同社の現状,Creative Cloudに込めた狙いについて語るアドビ システムズ株式会社代表取締役社長クレイグティーゲル氏

世界最大規模のクリエイティブイベント「Adobe MAX」

Adobe MAXは,Adobeが主催する世界最大規模のクリエイティブイベント。最新の技術やデザイン動向などをフォローアップしながら,これからの展望について網羅した内容で構成される。

パッケージからアプリケーションサービスへ

今回,同社のクリエイティブツールである「Adobe Creative Cloud」に関して大きなアップデートが発表された。とくに,これまで「Creative Suite」という形でパッケージでの展開を行っていたツール群を,⁠Creative Cloud」に統合し,統合メンバーに対して常に最新の機能を提供するアプリケーションサービスとして,さらにクラウドサービス内で一元的に利用・管理できるものとして展開されることになった。

なお,日本のWeb制作者の多くに利用されていたFireworksについては,CCとしてのアップデートは行われず,CS6と同等の機能のものが含まれ,今後はバグフィックスおよび新OS登場時の対応のみのメンテナンスを行うことが発表された。

Adobe Creative Cloudのこれまで

Adobe Creative Cloudのこれまで

今回のアップデートのおもな特徴は次のとおり。

  • デスクトップ,Web,モバイルからのシームレスなアクセス
  • クリエイティブコミュニティと一体化したアプリケーションサービス
  • クラウドストレージを利用したデータ管理・共有・コラボレーション
  • 各デスクトップアプリケーションのアップデートおよびCCへの集約

とくにこれまで提供されていたPhotoshopなどのデスクトップアプリケーションについては,⁠Adobe Photoshop CC」⁠Adobe InDesign CC」⁠Adobe Illustrator CC」⁠Adobe Dreamweaver CC」⁠Adobe Premier Pro CC」など全15種類のアプリケーションがCCの中へ集約された点が大きな特徴となる。今後はアプリケーション単体での提供は行われない。

機能面については,たとえばPhotoshop CCには,手ブレ補正を強化した新機能「シャープ」ツールが実装された他,デザイナー向けワークフローの強化がなされている。Edgeツールなどとの連携強化が行われた。

この他,Creative Cloud全体を通じてクラウドサービスのメリットを大幅に導入し,たとえば「Behance」と呼ばれる,制作したクリエイティブをソーシャルネット上に共有する新機能をはじめ,フォルダ共有など,制作後のコラボレーション,コミュニケーションといった点について大幅に強化された。

CCのデモンストレーション

CCのデモンストレーション

CCの特徴の1つは認証の概念が取り込まれたこと。他のクラウドサービスと同様,ユーザごとの利用となる

Adobe CCの特徴の1つは認証の概念が取り込まれたこと。他のクラウドサービスと同様,ユーザごとの利用となる

同期をすることで複数デバイスや複数環境での一元利用が行える

同期をすることで複数デバイスや複数環境での一元利用が行える

Adobe Typekitの機能アップデート。Webフォントとしてだけではなく,デスクトップフォントとしても利用できる

Adobe Typekitの機能アップデート。Webフォントとしてだけではなく,デスクトップフォントとしても利用できる

クリエイティブ作品を対象としたソーシャル共有サービス「Behance」

クリエイティブ作品を対象としたソーシャル共有サービス「Behance」

簡易履歴管理機能

簡易履歴管理機能

iPhone用に最適化したカラーツール「Kuler」⁠ネイティブアプリとして作りなおされ,iPhoneカメラと連動したカラーピッキングなどが行える

iPhone用に最適化したカラーツール「Kuler」。ネイティブアプリとして作りなおされ,iPhoneカメラと連動したカラーピッキングなどが行える

料金体系は個人5,000円/月~,グループ版7,000円/月(1シートあたり)

料金体系はいくつか用意される。まず,個人利用については月額5,000円(年間契約)~。その他,CS3やCS5.5,CS6など,旧来のCSを持っているユーザにはキャンペーン価格が用意される。

また,複数ユーザ向けのグループ版はシートあたり月額7,000円(年間契約。個人版の機能に加えて,100Gバイトのストレージと管理機能が追加されている)⁠

その他,大手企業や教育機関,官公庁向けの料金体系も用意されるとのこと。

Adobe Creative Cloud
http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入