レポート

見えてきたQt 6への展望 ―「QtCon 2016」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

ドイツのベルリンで9/1~9/4の4日間にわたって開催された「QtCon 2016」に参加しました。

QtConは,マルチプラットフォームGUI開発フレームワーク「Qt」のカンファレンスです。前年度までは,Qtに貢献しQt Projectから招待された方々だけが出席できた「Qt Contributors' Summit」単独のカンファレンスでした。しかし本年度は,Qt,KDE(K Desktop Environment),FSFE(Free Software Foundation Europe),VLC(VideoLAN Client)の4つのオープンソースコミュニティのメンバが一堂に会したカンファレンスの中に「Qt Contributors' Summit」カンファレンスを含めた形式で開催され,有料ではありますが誰でも自由に参加することができました。そのため,Qtの知識を深めるだけでなく他分野に対しての知識を深め,かつ別コミュニティのユーザとの親交を深める場となり,大変活気溢れるイベントとなりました。

本カンファレンスの会場は,ベルリンの有名なテレビ塔の近くにある,去年のQt World Summitと同じBerlin Congress Centerという会議施設でした。

会場となったBerlin Congress Center

会場となったBerlin Congress Center

内容としては,初日にトレーニング,残り3日間はQtの最新情報や使用上のアドバイス等を聞けるセッションや,他のオープンソースのセッション,キーノートが設けられていました。

トレーニングデイ

QtのパートナーであるKDAB社主催で開催された9/1のトレーニングデイは,以下に挙げる全8コースから1つを事前に選択し受講することになります。

  • Introduction to Qt 3D – with Dr Sean Harmer
  • Basic and Modern CMake – with Andreas Hartmetz
  • Beyond code – Improved Quality through User Centric Development – with Björn Balazs
  • Debugging and Profiling Qt applications – with Milian Wolff
  • Introduction to QML – also known as Qt Quick – with Kevin Funk and Jesper Pedersen
  • Whats new in C++11/C++14 – with Thomas McGuire
  • Introduction to Modern OpenGL with Qt – with Giuseppe DAngelo
  • Introduction to Testing Qt applications with Squish – with Florian Turck

私が参加した『Introduction to Qt 3D – with Dr Sean Harmer』コースは,KDAB UK社のManaging Director兼Qt 3D Maintainerであり,宇宙物理学のPh.D を所有するDr. Sean Harmer氏が講師を務めています。彼は1998年からQt C++の開発に携わり,セキュリティやインフラ,可視化や数値シミュレーションといったさまざまな分野で開発者として活躍されてきました。講義のタイトルにある『Qt 3D』とは,UIプログラミング言語QML(Qt Meta-Object Language)を使用したQt QuickアプリケーションやC++アプリケーションに対しての2D/3Dレンダリングをサポートした,リアルタイムシミュレーションエンジンです。こちらはQt 5.7から正式リリースされました。

Dr. Sean Harmerによる「Introduction to Qt 3D」コースのもよう

Dr. Sean Harmerによる「Introduction to Qt 3D」コースのもよう

この講義では,(1)ソフトウェアアーキテクチャパターン ECS(Entity Component System),(2) オブジェクトの座標やマテリアル,光源の処理の描画方法,(3)Qt 3D QMLエレメントの1つであるNodeInstantiatorの特徴について,(4)Qt 3D SceneGraph,グラフィックスパイプラインの概要や,GLSLを利用したシェーダの概要と球などさまざまな図形,テクスチャの描画方法,(5)Qt 3Dの今後の展望,について述べていました。

このQt 3Dを利用して3D描画を行うアプリケーションを作成することは可能ですが,スケーラブルにデザイン可能で非常に柔軟性が高く,慣れていない人が一からコーディングするのは簡単とは言えません。このトレーニングはQt 3D Maintainerから直々に受けられる,Qt 3Dを理解するための貴重な機会となりました。この講義はスライドと事前に配布されたサンプルプログラムを使った形式で行われ,説明後や説明の合間で質問やサンプルプログラムの実演,コードレビュを実施し受講者の理解を深める工夫がされていました。20人以上の受講者が参加していたにもかかわらず,疑問や質問があれば一人ひとり即座にかつ丁寧に答えてくれました。

著者プロフィール

吉川武宏(よしかわたけひろ)

2015年度からQt関連プロジェクトに配属され,C++とQMLを使用したサーバ監視用アプリケーションを医療用スキャナアプリケーションの開発に携わる。現在はQtサポートチームとして活動している。

バックナンバー

2016年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入