Linux Daily Topics

2009年10月21日 Atom対応,仮想化サポートなど注目機能のFedora 12 ベータ版が登場,正式公開まであと1ヵ月

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

FedoraプロジェクトのJesse Keating氏は10月20日(現地時間)⁠Fedora Linuxの次期バージョン「Fedora 12」のベータ版を公開したと発表した。Fedora 12の正式公開は11月中旬に予定されており,今回のベータ版は正式公開までの最後のマイルストーンとなりそうだ。

Fedora 12では11に比べて数多くの機能追加/改善が図られているが,中でも特徴的なのが全パッケージのi686(Intel Atom)による最適化と,KVMによる仮想化サポートの強化だ。

i686ベースへの移行は,ネットブックユーザの爆発的な普及を受けてのもので,必然的にi586以下のCPUはサポート外となる。ネットブック対応としてはほかにも,MoblinのGUIを統合する試みが実施されている。

KVMによる仮想化対応はFedora 11でも強化された部分だが,Fedora 12ではさらにパフォーマンス,マネジメント,リソース共有,セキュリティなどに関しての改善が図られている。仮想マシンのディスクイメージに直接アクセスできるライブラリ「libguestfs」とツール「guestfish」も用意されており,すでに入手可能だ。なお,KVMはペアレントディストリビューションであるRed Hat Enterprise Linuxでデフォルト採用されている仮想化技術である。

その他の特徴としては

  • デスクトップ環境にGNOME 2.28またはKDE 4.3
  • 次世代ビデオ規格「Theora 1.1」
  • 11からのアップデートの高速化/簡略化
  • サポートするグラフィックドライバの増加
  • 起動時の初期ファイルシステムイメージを作成する新ツール「Dracut」
  • PulseAudioの改善
  • X.Org Server 1.7
  • Eclipse Galileo,Perl 6,PHP 5.3,SystemTap 1.0

などが挙げられる。

Fedora 12 Betaのダウンロードは以下のサイトなどから行える。

Fedoraを入手/Fedora Project
URLhttp://fedoraproject.org/get-prerelease
Fedora Project
URLhttp://fedoraproject.org/

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入