Linux Daily Topics

2018年7月20日 Fedoraプロジェクト,「Fedora 29」でのFPGAサポートを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトのプログラムマネージャを務めるBen Cottonは7月18日(米国時間)⁠2018年10月にリリースが予定されている「Fedora 29」においてFPGAのサポートを行うことを明らかにした。カーネルレベルではLinux 4.4からFPGA managerに対応していたが,FedoraがディストリビューションとしてFPGAをサポートするのは今回が初めてとなる。

F29 Self-Contained Change: Basic FPGA Support

FPGAサポートの理由としては,AI/マシンラーニングのニーズが急増しており,これらのワークロードを処理するのにGPGPUやFPGA,ニューラルネットワークプロセッサといった,ベーシックなCPUの処理能力を超えた技術が求められていることが挙げられている。Fedora 29ではLinuxカーネルで現在サポートされているAltera,Zynq,LatticeといったFPGAプロセッサをイニシャルサポート対象に加えていく予定だ。FPGAをサポートするFedora側のメリットについてCottonは「テクノロジ業界ではFPGAの活用が進んでおり,とくにIoT分野におけるAI/マシンラーニングのユースケースや,特殊なワークロードの稼働が求められるケースでの利用が増えている。ディストリビューションとしてFPGAをサポートすることは,こうしたワークロード実行の支援につながる」とコメントしている。

Fedoraプロジェクトは今後,最初のサポートハードウェアとしてLinaro 96Boards仕様の「Ultra96」とIntel Alteraベースの「UP2(Squared)⁠のテストを開始し,その他のFPGAデバイスについても順次サポートに向けて動き始めるとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入