Linux Daily Topics

2018年7月24日 Debian "Stretch"ベースのディストロ「Slax 9.5.0」がリリース,AESハードウェア暗号化USBメモリも販売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

数あるDebianベースのディストリビューションの中に,USBフラッシュメモリからブート可能な「Slax Linux」がある。32ビット版と64ビット版が用意されており,いずれも260MB程度のサイズに収まる軽量性と可搬性のよさが評価されている。

そのSlaxの開発者であるTomas Matejicekは7月23日,Debian 9.5 "Stretch"をベースにした「Slax 9.5.0」のリリースを発表した。

Slax 9.5.0 released - Slax Linux

100以上のバグが修正されたDebian 9.5のアップデートに伴うリリースだが,Matejicekは同時に,Slax 9.5.0がプリインストールされたUSBフラッシュメモリ(AESハードウェア暗号化機能搭載)を販売している。このフラッシュメモリがあれば,ほかのソフトウェアを必要とすることなく,ドライブに挿すだけで起動が可能になる。スペックは以下の通り。

  • 英数文字キーパッド
  • 256ビットAESハードウェア暗号化
  • 書き込み速度 20MB/秒
  • 容量 16Gバイト
  • Slaxインストール済み
  • 送料無料

販売されるSlax入りUSBメモリSlax author's Blogより)

販売されるSlax入りUSBメモリ(Slax author's Blogより)

価格は0.017BTC(約1万5,000円)で支払い方法はビットコインのみ,PayPalもクレジットカードも受け付けていない。この理由についてMatejicekは「近い将来,PayPalやクレジットカード会社が存在しなくなることを心から望んでいるから」としている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入