Linux Daily Topics

2018年8月27日 Linux 4.19-rc1が登場,「L1TF」脆弱性にも対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは8月26日(米国時間)⁠次期Linuxカーネル「Linux 4.19」の最初のリリース候補版である「Linux 4.19-rc1」を公開した。

Linux 4.19-rc1 : Linus Torvalds

Linux 4.19に関してLinusは「これまででもっとも大きなリリースだったLinux 4.9ほどではないが,それに次ぐLinux 4.12やLinux 4.15に並ぶ大きなカーネル」とコメントしており,8月12日にリリースされたLinux 4.18よりも変更点がかなり多くなることが予想される。

また,今回のLinux 4.19-rc1では「L1 Terminal Fault(L1TF)⁠または「Foreshadow」と呼ばれるハードウェア脆弱性の修正が含まれている。L1TFはSpectreと同様にIntel x86系CPUの投機的実行にまつわる脆弱性で,すでにCanonicalやRed Hatなどは個別に対応済みだが,Linux 4.19ではカーネルでサポートされることなる。Linusは「今回のマージウィンドウはややフラストレーションがあった」としているが,そのイライラの原因がこのL1TFへの対応にあったようで,問題点は比較的早く指摘されていたにもかかわらず,パッチがなかなか公開されなかった不満をにじませている。

開発が順調に進めばLinux 4.19は2018年10月中旬ごろのリリースになるとみられている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入