Linux Daily Topics

2019年3月12日 Microsoft,「DTrace on Windows」をCDDLで公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

旧Sun Microsystemsが残したダイナミックトレース技術「DTrace」を,オリジナルと同様にCDDL(Common Development and Distribution License)のもと,オープンソースプロダクトとして開発するプロジェクトに「OpenDTrace」がある。2016年からGitHubでコードが公開されており,さまざまなOSへの実装がトライされてきたが,3月11日(米国時間⁠⁠,このOpneDTraceプロジェクトにWindowsブランチである「DTrace on Windows」が登場し,開発者の間で大きな話題を呼んでいる。ライセンスはもちろんCDDLだ。

DTrace on Windows -Microsoft Tech Community
OpenDTrace at Windows -GitHub

Microsoftのブログによれば,DTrace on Windowsを実行させるにあたっては,build 18342以上のWindows 10が動作する64ビットマシンと,Windows Insider Programをイネーブルにしておく必要がある。記載されているダウンロードおよびインストール手順に従えば,数分の作業でDTraceをWindows上で走らせることが可能になるはずだ。

DTraceは旧Sunの技術の中でも他のOSへのポーティングが難しいとされており,だからこそSolarisにとっての大きな差別化技術でもあった。現在,LinuxカーネルにDTraceを実装する動きはそれほど活発ではなく,eBPFなど別のトレーシング技術が主流となっている。とはいえ,Windows上で,しかもCDDLライセンスでDTraceが動くと聞くと,隔世の感を覚えずにはいられない。Microsoftの社内に「DTrace Team」という専門家集団が存在することも含め,オープンソースコミュニティが劇的に変化したことをあらためて実感する。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。