Linux Daily Topics

2019年3月29日 ファームウェア提供のスタンダードに! Linux Foundationの新プロジェクト「Linux Vendor Firmware Service」がスタート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Linux Foundationは3月26日(米国時間)⁠同ファウンデーション傘下の新しいプロジェクトとして「Linux Vendor Firmware Service(LVFS)⁠がスタートしたことを発表した。

Linux Vendor Firmware Service
LVFS Project Announcement - The Linux Foundation

LVFSはRed Hatの開発者が中心となって進めてきた活動で,各ハードウェアベンダが提供するファームウェアやBIOSを,再配布可能な形式(.cab)でサイト上で集約し,ユーザや開発者は「fwupd」というデーモンを介してLVFSに接続することで,ローカルマシンのファームウェアアップデートが可能になる。プロジェクトスタート時からDellが全面的に協力していたこともあり,数多くのDell製ハードウェアがカバーされているが,その他,Lenovo,NECといったベンダのデバイスもサポートされている。

LVFS : Device List

LVFSのアップストリームメンテナーを務めるRed Hat プリンシパルソフトウェアエンジニア Richard Hughesは,LVFSがめざすゴールについて「短期的なゴールとしては,それほど遠くないうちに95%のコンシューマハードウェアをカバーしたい。長期的には,Linuxにおいて"あって当然"のインフラ的な存在,たとえばNTPサーバやPGPキーサーバのような存在になりたいと思っている」とコメントしている。当面はより多くのハードウェアベンダからファームウェアを提供してもらうことが重要なミッションとなる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入