Linux Daily Topics

2019年4月25日 systemdフリーな世界を快適に立ち上げる ―モダン&シンプルな起動ユーティリティ「S6」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

メジャーなLinuxディストリビューションのほとんどが起動処理にsystemdを採用するようになった一方で,systemdフリーな世界を求めてやまないユーザや開発者をターゲットにしたディストリビューションも少なからず存在する。Debianベースの「Devuan」やArch Linuxベースの「Artix Linux」などはその代表だ。

systemdフリーをめざすのであれば,当然ながらsystemdの代わりにシステムを立ち上げるinitを選ばなくてはならない。Devuanの場合はユーザが任意のinitを選択でき,ArtixであればOpenRCやrunitを利用する。今回紹介する「S6」もそうしたユーティリティのひとつだが,そのシンプルでユニークな設計思想から,Linuxシステムの起動だけでなく,コンテナ環境でのデーモンプロセス自動化などでも使われている。

s6 - skarnet's small supervision suite

S6はフランス人開発者Laurent Bercotが作成したソフトウェアスイートで,⁠skarnet.org's small and secure supervision software suite」⁠skarnet.orgはBercotが運営するサイト名)をもじって名付けられている。特徴としては

  • PID 1(プロセスID 1)として実行
  • サービスマネージャは別リソース(s6-rcまたはanopa)として用意し,上のレイヤでパラレルサービスマネージャとして実行させる
  • トラディショナルなinit(/sbin/init)では実現できないポータビリティにフォーカス
  • C言語で開発
  • 超軽量(2Mバイト以下)
  • コードが少ない
  • あらゆるPOSIXシステム/ディストリビューションで実装可能
  • ライセンスはISC

などが挙げられるが,とくにPID 1として常時実行できる点やサービスマネージャを別リソースで提供している点が高く評価されており,コンテナ環境下ではSupervisorよりもS6を推すユーザの声もある。

このS6を採用しているディストロとしては,Artixと同じくArch Linuxをベースにした「Obarun」が挙げられる。対応アーキテクチャはx86_64のみで,デフォルトのデスクトップ環境はJVM,インストーラはテキストベース,ライセンスはS6と同じISC,…と,どこまでもシンプリシティにこだわっており,サイトにも明記されているように「Linux初心者には向いていない設計」である。

Obarun -Arch Linux based system without systemd
Eric Vidal @Obarun - GitLab

ObarunではS6を効率よく利用するためのコレクションツール群として「S66」も提供しており,Arch Linuxベースというよりは"S6ベース"といった印象だ。S6もObarunも決して初心者向きではないが,systemdにロックされない世界を望むユーザには,魅力的な選択肢となりうるかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。