Linux Daily Topics

2019年6月19日 Ubuntu,“Eoan Ermine”からi386アーキテクチャのサポートを終了へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

UbuntuエンジニアリングチームのSteve Langasekは6月18日(世界標準時⁠⁠,Ubuntuメーリングリストにおいて,2019年10月にリリースが予定されている「Ubuntu 19.10(開発コード"Eoan Ermine"⁠⁠」ではi386アーキテクチャ(32ビット版)をサポートしないことを発表した。この決定はUbuntuだけでなく,Ubuntu MATEやXubuntuなどダウンストリームのフレーバーすべてに影響することになる。

i386 architecture will be dropped starting with eoan (Ubuntu 19.10)

Ubuntuコミュニティでは1年ほど前からi386アーキテクチャのサポートに関する議論が行われてきたが,総意としてi386アーキテクチャのサポートを終了する意向に収束しつつあることを受け,昨年10月にリリースされたUbuntu 18.10では,i386ユーザがUbuntu 18.04から18.10へとアップグレードすることはできなくなっており,i386のイメージもすでに提供されなくなっている。現時点でi386アーキテクチャを利用するユーザは,Ubuntu 18.04 LTSにとどまっており,5年間のサポート期間内に64ビット版への移行を行う必要がある。

今回の決定はこうした動きをさらに進めるもので,次期LTSである「Ubuntu 20.04 LTS」のライフサイクルを見据え,Ubuntu 19.10ではi386アーキテクチャをサポートせず,フレーバーを含むUbuntuファミリ全体でも徐々にこれを適用していく方針だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。