Linux Daily Topics

2019年8月20日 Debian 10 "Buster"をベースにした「KNOPPIX 8.6」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

「KNOPPIX Live GNU/Linux」の開発者であるKlaus Knopperは8月18日,Debian 10 "Buster"をベースにした「KNOPPIX 8.6」のリリースを発表した。

KNOPPIX 8.6.0 Public Release -KNOPPER.NET

KNOPPIX 8.6は最新版のBusterをベースにしているが,unstsableなテストバージョンである「Sid」のリポジトリもいくつか含まれている。カーネルにはリリース時点で最新のLinux 5.2を採用しており,32ビットおよび64ビットの両方をサポートする(64ビットCPUが検出された場合,ブートローダは自動的に64ビットカーネルで起動する⁠⁠。デフォルトのデスクトップ環境はLXDEだが,KDE Plasma 5.14またはGNOME 3.30を選択することも可能。

その他のおもなアップデートとしては

  • Windowsアプリをインストール/実行する「Wine 4.0」
  • UEFIセキュアブートのサポート
  • 再起動なしでオーバーレイパーティションの自動リサイズ
  • 専用ユーティリティ(またはddやcc)を使ったUSBフラッシュディスクへのISOファイルのダイレクトコピー
  • 「OpenScad」⁠Slic3r」⁠Blender」⁠Freecad」など豊富な3D関連プログラム

などが挙げられる。

なおDVDイメージからインストールする場合は,サイズが4GB以上(4429MB)となるため,FAT32パーティションにはストアできないことから,NTFSかLinuxファイルシステムを使用する必要がある。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。