Linux Daily Topics

2020年1月23日 Canonical,Androidワークロード向けプラットフォーム「Anbox Cloud」を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Canonicalは1月21日(英国時間⁠⁠,Androidワークロードに特化したクラウドコンピューティングプラットフォーム「Anbox Cloud」を発表した。

Canonical introduces Anbox Cloud – scalable Android™ in the cloud
Implementing an Android™ based cloud game streaming service with Anbox Cloud

Anbox CloudはオープンソースのAndroidエミュレータ「Anbox - Android in a Box」「Ubuntu 18.04 LTS」をベースに構築されたプラットフォームで,Androidワークロードをコンテナ化し,OSやデバイスを問わずにAndroidアプリケーションが利用できるようになる。コンテナシステムにはCanonicalによるセキュアでアイソレートされたLXDベースのアーキテクチャが実装されており,Androidアプリが安全かつ軽量に動作するよう設計されている。また,リモートプロビジョニングには「MAAS⁠⁠,デプロイツールには「JuJu⁠⁠,サポートプログラムには「Ubuntu Advantage」などCanonicalが提供する各種ツール/サービスが使われている。

CanonicalはAnbox Cloudのユースケースとして,CPU/GPUやメモリなどのハードウェアリソースを大量に消費するモバイルゲームの配信や,エンタープライズにおけるAR/VRアプリケーションの利用,モバイルアプリケーション開発のテスト環境などを想定している。また,AWS,Microsoft Azure,Google Cloudといったパブリッククラウドとの統合や,パートナー企業を通じてオンプレミスやエッジロケーションでの展開も可能としている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。