Linux Daily Topics

2020年2月14日 "Windows on Btrfs"を実現!? オープンソースのWindowsブートローダー「Quibble」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Btrfs関連,とくにWindows上にBtrfsを移植したファイルシステム「WinBtrfs」の開発で知られるMark Harmstoneが2月13日,オープンソース(LGPL)のWindowsブートローダー「Quibble」を公開した。まだPoC段階のソフトウェアであり,実務に利用するには無理があるが,NTFS以外のファイルシステムでWindowsをブート可能にするツールとして興味深い。

GitHub - Quibble - the custom Windows bootloader

Quibbleは「bootmgfw.efi」⁠winload.efi」といったWindowsのブートファイルをオープンソースとして再実装したもので,さまざまなバージョンのWindows ―2014年にサポートが終了したWindows XPから2019年11月にリリースされた最新版の「Windows 10 1909」までを起動させることが可能だ。さらにMicrosoft製のオフィシャルなブートローダーと異なり,NTFSに限らず,Btrfsなどさまざまなファイルシステムから起動できるよう拡張されている。なお,x86およびamd64アーキテクチャにはコンパイル済みのバージョンが提供されている。

QuibbleはこれまでQEMU上でテストが行われており,他のVMでの動作は確認されていない。また,動作にはNTFSボリューム上にインストールされたWindows環境と,バージョン1.7以上のWinBtrfs 1.7が必要となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。