Linux Daily Topics

2020年4月3日 リアルかバーチャルか ―Linux Foundation,6月開催「Open Source Summit」の開催形式を4/16に決定へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

新型コロナウイルス「COVID-19」の感染拡大により,2020年2月以降,大規模なITカンファレンスはどの国でもキャンセルとなり,オンライン開催に切り替わったものがほとんどとなっている。すでに秋以降の大型イベント開催も危ぶまれている状況だが,そうした中,The Linux Foundationは4月2日(米国時間⁠⁠,会員向けメーリングリストに6月22日~24日に米オースティンで開催予定の「Open Source Summit + Embedded Linux Conference North America 2020」のキーノートスピーカーを発表するとともに,イベントの開催スタイルをリアルかバーチャルにするかについて,4月16日(米国時間)に最終決定すると伝えている。また同時に,Linux Foundationにおける現状での新型コロナウイルスへの対策も明らかにしている。

"will be held – in person or virtually – June 22-24"

will be held – in person or virtually – June 22-24

Featured Speakers -Open Source Summit North America
新型コロナウイルス関連のお知らせ | Linux Foundation Events

「我々はFace-to-Faceなコラボレーションがもつパワーを強く信じており,予定通りにオースティンでこのイベントを開催したいと心から願う一方で,多くの参加者が集うことで安全性を損ねてはならないことから同じ日程でのバーチャルイベントへの切り替えも検討している」

(The Linux Foundationのメールより)

Linux Foundationは新型コロナウイルスの感染状況を見極めつつ,4月16日にはリアルかオンラインかの決断を行うとしており,参加希望者にも16日までは登録を控えてほしいと呼びかけている。

Linux Foundationは「リアルでもオンラインでも,どちらの開催スタイルであっても我々は期待以上の価値あるナレッジ,コンテンツ,そしてコラボレーション体験を提供する」と強調している。発表されたキーノートスピーカーにはLinus Torvaldsをはじめ,VMwareのChief Open Source Officerを務めるDirk Hohndel,Jenkins開発者で2020年1月にLauchableという企業をローンチした川口耕介氏などが名前を連ねている。

新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け,2020年の大型ITイベントは秋以降も開催見通しが立っておらず,オンライン開催のみにフォーカスしている企業も少なくないが,オンラインでは十分に得られないコラボレーションや情報,体験を求め,Linux Foundationのようにぎりぎりまでリアルイベント開催の道を模索しているところもある。Linux Foundationは6月に「Linux Security Summit North America」⁠Cloud Foundry Summit North America」などいくつかのリアルイベントを予定しているが,Open Source Summitと同様に,注意深く開催可否を検討していくようだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。