Linux Daily Topics

2020年5月8日 “Very Usable”―Ubuntu開発者がチラ見せした「MS Office on Ubuntu」のナゾ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

4月23日(英国時間)にリリースされた「Ubuntu 20.04 LTS」では,Windows 10の標準Linux環境WSL(Windows Subsystem for Linux)とUbuntuのより緊密な統合も図られ,互換性が大きく向上している。そのWSLのスペシャリストであり,Canonicalでシニアデベロッパアドボケイトを務めるHayden BarnesがUbuntu 20.04で動くMicrosoft Officeの動画をTwitterで公開し,ちょっとした話題になっている。

Barnesの動画では,Ubuntu 20.04のデスクトップ上でMicrosoft WordおよびExcelをスムースに動作させており,Barnesによれば「WINEもクラウド/RDPも,そしてGNOME on WSLも使っていない」という。使用マシンは2.5GHzのIntel Core i5-6300Uを搭載した20GB RAMの「ThinkPad T470s⁠⁠。動画ではWordやExcelを動かしている横でリソースモニタを表示させており,CPUやメモリの負荷がそれほど大きくない点を強調している。

Barnesはアーキテクチャの詳細を明かしていないが,Twitterのコメントによれば

  • Word/Excelはコンテナ上で稼働
  • ネイティブGTK3
  • Windowsランタイムとの通信はSSL経由

といった技術を使っているとしている。もしかしたらLinux上でMS Officeが「very usable」(Barnes)=とても簡単に使えるようになる日もそう遠くないのかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。