Linux Daily Topics

2020年5月15日 LibreOffice 7.0 Alpha 1が登場,正式リリースは8月

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Document Foundaitonは5月12日,LibreOfficeの次期メジャーリリース「LibreOffice 7.0」の最初のアルファ版となる「LibreOffice 7.0 Alpha 1」の提供を開始した。対応プラットフォームはLinux/macOS/Windowsで,すでにダウンロードが可能となっている。

LibreOffice 7.0 Alpha1 is ready for testing -LibreOffice QA Blog
Test Pre-releases -QA/GetInvolved -The Document Foundation Wiki

LibreOffice 7.0では,グラフィックライブラリの「Cairo」から「Skia」への変更,Adobe Flash(SWF)のサポート終了,DOCXのインポート/エクスポートフィルタの改善など,ユーザインタフェースや機能面で多くのアップデートが予定されている。またプロジェクトが開始した2019年6月からすでに6213もの変更がコミットされ,1200以上のバグが修正されたという。The Document Foundaitonでは今回のAlpha 1の提供を通し,より多くのテストおよびバグレポートをユーザに呼びかけている。

LibreOffice 7.0: Release Notes

LibreOffice 7.0の正式リリースは2020年8月初旬が予定されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。