Linux Daily Topics

2020年7月3日 KDEプロジェクト,GitLab移行の第1フェーズを完了

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

KDEプロジェクトは6月30日,2019年11月に発表した開発プラットフォームのGitLab移行プロジェクトについて,その第1フェーズが完了したことを明らかにした。今回の移行により,約1,000以上のリポジトリがGitLab上で稼働することになる。

KDE's GitLab is now Live -KDE.news
Why the KDE community is #MovingToGitlab | GitLab

KDEプロジェクトではこれまでコードレビューにPhabricatorを,バグレポートやフィーチャーリクエストにはBugzillaを利用して開発を行ってきたが,今後はそれらの機能はGitLab上から提供されることになる。

KDEプロジェクトには,200以上のアプリケーションとそれにひもづく無数のアドオン/プラグインに加え,開発者が利用する1000以上のリポジトリと80以上のフレームワークがあり,2600以上のプロジェクトが進行している。プロジェクトのサイズが巨大であるため,移行にあたっては一度にすべてを完了するのではなく,いくつかのフェーズに分けて行うアプローチを採用している。

  • フェーズ1 … コードホスティング/レビュー
  • フェーズ2 … CI
  • フェーズ3 … 開発者向けタスクマネジメント

移行の第1フェーズでは「より小さく,よりアジャイルに」を掲げてスタートし,バルクアップデートを可能にするカスタムツールを作成,テストとフィードバックを細かく重ねてきたという。また,移行のステップごとにシスアドチームがドキュメントをまとめ,KDEコミュニティとそれをシェアし,フィードバックとコンセンサスを積み重ねてきたことも,スムースな移行につながったとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。