Linux Daily Topics

2020年7月8日 CentOS 8.2.2004がリリース,CentOS Streamのアップデートも

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CentOSプロジェクトは7月7日(米国時間⁠⁠,アップストリームの「Red Hat Enterprise Linux 8.2」をベースにした「CentOS Linux 8.2.2004」のリリースを発表した。また,CentOSプロジェクトのWebサイトが2013年以来,7年ぶりにリニューアルしたことも同時に伝えている。

CentOS Community newsletter, July 2020 (#2007) -Blog.CentOS.org
The CentOS Project

ニュースレターでは,2019年9月にアナウンスされたCentOS Streamのアップデートについても言及されている。Red Hatは現在,次期バージョンである「Red Hat Enterprise Linux 8.3」を開発中だが,RHLE 8.3由来の機能のいくつかはすでにCentOS Streamにも反映されつつあり,アップデート済みのインストーラやインストールメディアをミラーサイトからダウンロードして試すことができるようになっている。

また,直近のCentOS Streamにおけるメジャーな追加として,低遅延を要求されるアプリケーションワークロードにフォーカスした「RealTime(RT)リポジトリ」が挙げられている。RTリポジトリはRHELと並行して開発されているパッケージ群で,CentOS Streamのユーザから寄せられたフィードバックをもとに,RHEL 8.3にもアドオンとして実装される予定だという。こちらも最新のCentOS Streamにアップデートし,⁠Stream-RT」リポジトリを有効化することで利用可能だ。

CentOSとRHELの"中間(midstream)"として機能するためにローンチされたCentOS Streamだが,RHEL 8.3がその最初の大きなマイルストーンになりそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。