Linux Daily Topics

2020年7月17日 Fedora,デフォルトファイルシステムをBtrfsに変更へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Fedoraプロジェクトは7月15日,Fedoraの技術的な進化の方向性を決定する運営委員会「FESCo(Fedora Engineering and Steering Committee⁠⁠」において,デスクトップ環境のデフォルトファイルシステムをext4からBtrfsに変更することを承認したと発表した。次期バージョンの「Fedora 33」をターゲットに開発が進められる。

Issue #2429 F33 System-Wide Change: Make btrfs the default file system for desktop variants -fesco -Pacure.io
Changes/BtrfsByDefault -Fedora Project Wiki

FedoraプロジェクトはデフォルトファイルシステムをBtrfsに変更する理由として,⁠ユーザには高い透明性(transparent fashion)が提供され,我々(Fedora開発者)にとっては(ディスク容量を効率的に利用できるというBtrfsの特徴から⁠⁠,ディスク容量が足りないシチュエーションでも開発がしやすくなる」というメリットを挙げている。加えてBtrfsはCoW(Copy-on-Write)やSSDの最適化,RAIDのネイティブサポート,スナップショットなどモダンな機能を多く備えており,現在のFedoraの技術的方向性とマッチしていると評価されたようだ。なお,メジャーなディストリビューションでは,openSUSEおよびSUSE Linux Entepriseが2014年からBtrfsをデフォルトファイルシステムとして採用している。

一方,FedoraプロジェクトをバックアップするRed Hatは2017年から「Red Hat Enterprise Linux」におけるBtrfsのディプリケートを発表しており,今後もRHELではBtrfsをサポートしない方針を明確にしている。FedoraプロジェクトはこのRed Hatの姿勢に対し,⁠Red HatはさまざまなかたちでFedoraをサポートしているが,Fedoraはすでに(Btrfsの)アップストリームと密に作業をしており,深くつながっている」として,Red Hatの方針にかかわらずBtrfsのデフォルト実装を進めていくとしている。

FedoraがBtrfsのデフォルト実装を目指すのは今回が初めてではなく,2011年の「Fedora 16」のリリースサイクルにおいても提案されていたが,実現には至らなかった。開発が順調に進めば,10年越しのプロジェクトが今秋に実現することになる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。