Linux Daily Topics

2020年7月29日 Red Hat Enterprise Linux 8.3 Betaが登場,アプリケーションストリームがアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Red Hatは7月28日(米国時間⁠⁠,開発中の「Red Hat Enterprise Linux 8.3」がベータサイクルに入ったことを明らかにした。RHEL 8から導入したアプリケーションパッケージの管理システム「アプリケーションストリーム(Application Streams⁠⁠」のほか,システムロール(Systems Role)のロール追加,CISベンチマークおよびHIPAAに則したセキュリティプロファイルの追加などが行われている。

Red Hat Enterprise Linux 8.3 beta now available, delivers production stability plus enterprise innovation -Red Hat Blog

5月にリリースされたRHEL 8では,アプリケーションとOSのバージョンを独立して管理するためのしくみとしてアプリケーションストリームが導入されたが,これによりRHEL 8.3 Betaでは以下のアプリケーションパッケージが利用可能となっている。

  • Git 2.26
  • NGINX 1.18
  • Node.js v14
  • Perl 5.30
  • PHP 7.4
  • Ruby 2.7

このほか,オープンソースコミュニティによる最新版のパフォーマンスツールやデバッガなどもアップデートされている。

また,Ansibleロール/モジュールのコレクションであるRHELシステムロールにもロールの追加が行われており,RHEL環境のスケールを容易にする「System Role for System Logging」⁠System Role for Metrics」や,一貫したディスク暗号化を継続する「System Role for Network-Bound Disk Encryption(NBDE⁠⁠,ネットワークの更改やセキュリティサーティフィケーションをサポートする「System Roles for 802.1x Networking and Certificate Management」などが追加されている。

セキュリティ関連のアップデートとしては,Center for Internet Security(CIS)ベンチマークとHIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act: 米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)のプロファイルをそれぞれ追加しており,外部のセキュリティ標準への対応を拡大している。

RHEL 8.3 Betaはすでに同社のカスタマーポータルのほか,開発者向けサブスクリプションサービスを通して入手可能となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。