Linux Daily Topics

2020年8月6日 LibreOffice 7.0がリリース ―ODF 1.3,Skia,Vulkanなどを新たにサポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Document Foundationは8月5日(ドイツ時間⁠⁠,クロスプラットフォームのオフィススイート「LibreOffice」の最新版「LibreOffice 7.0」の正式リリースを発表した。

Announcement of LibreOffice 7.0 -The Document Foundation Blog

LibreOffice 7.0ではネイティブフォーマットとして「OpenDocument Format(ODF⁠⁠」の最新バージョンである「ODF 1.3」をサポートしており,ドキュメントへのデジタル署名やXMLドキュメントに対するOpenPGPベースの暗号化が可能になっている。

また,グラフィック周りのメジャーアップデートとして,グラフィックエンジンをこれまでの「Cairo」からGoogleが開発するオープンソースの2Dライブラリ「Skia」に変更,加えてモダンGPUへのダイレクトアクセスを提供する低レベルレイヤのAPI「Vulkan」を新たにサポートする。

Microsoft Office(DOCX/XLSX/PPTX)との互換性も向上しており,たとえば31文字以上のファイルをもつXLSXファイルのインポートや,DOCXドキュメントの2013/2016/2019モードでのネイティブ保存が可能になっている。

LibreOffice 7.0がサポートするOSはWidows(32/64ビット⁠⁠,Linux(64ビット,deb/rpm⁠⁠,macOS(64ビット)で,プロプライエタリOSの最低動作環境はWindows 7 SP1およびmacOS 10.12となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。