Linux Daily Topics

2020年10月7日 RISC-VのUEFIブート,Linux 5.10でイニシャルサポートへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

x86やArmとは異なるオープンスタンダードなISAとしてここ1,2年,注目度が高まっているアーキテクチャ「RISC-V⁠⁠。LinuxカーネルでもRISC-Vのサポートを拡大する動きが活発化しており,Western DigitalでプリンシパルR&Dエンジニアを務めるAtish Patraがその中心的役割を務めている。10月2日(米国時間⁠⁠,Patraはカーネル開発者用のGitにRISC-VのUEFIブートに関連する「EFIラインタイムサービス」⁠early ioremapサポート」などいくつかのパッチを投稿,これらのマージが順調に進めば「Linux 5.10」でのRISC-VにおけるUEFIイニシャルサポートが実現しそうだ。

kernel/git/riscv/linux.git - RISC-V Linux kernel tree

次期カーネルとなる「Linux 5.9」は現在8本目のリリース候補版(RC8)が公開されており,10月11日(米国時間)には正式リリースとなる見込みだが,リリースと同時にLinux 5.10のマージウィンドウもオープンする。RISC-VのUEFIブートサポートはこのマージウィンドウで取り入れられる予定で,早ければ2020年の年末にはRISC-Vサポートがより強化されたカーネルが登場することになる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。