Linux Daily Topics

2020年10月26日 Linux 5.10-rc1が登場,正式リリースは2020年末の予定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは10月25日(米国時間⁠⁠,次期カーネル「Linux 5.10」の最初のリリース候補版となる「Linux 5.10-rc1」を公開した。

Linux 5.10-rc1 -Linus Torvalds

Linusは「万事,まったくもってスムースに進行した」とコメントしているが,カーネルサイズに関しては過去最大のリリースだった「Linux 5.8」と比較して小さくはあるものの「すごく小さいわけじゃない」⁠Linus)と予想以上に大きくなったことを認めている。Linux 5.10-rc1には1700名近い開発者が参加して約1万4000ものコミットを行い,約2096万行のコードで書かれた7万以上のテキストファイルがカーネルツリーを構成している。

なおLinusは今回のリリースにおいて「僕個人にとってもっとも興味深い変更はset_fs()の削除」とコメントしている。set_fs()は初期のLinuxカーネルで使われていたスキームで,おもに286や386といった数世代前のx86プロセッサのFSセグメントレジスタを指定するために使われていたが,アクセス権限のないコードによる仮想アドレスへのオーバライドが発生しやすくなるというバグが2010年に「CVE-2010-4258」として明らかになっている。

Linusはすぐにこのバグを修正しており,x86のほか,PowerPC,S390,RISC-Vの各アーキテクチャにおいては,アドレス空間へのオーバーライドが禁止されてきた。だが,set_fs()自体はグローバル変数addr_limitを設定する機能として残されており,新たなバグの発生源となる危険性が指摘されていた。これらの経緯から,カーネルメンテナーのChristoph Hellwigら数名の開発者がset_fs()の削除を提案してきたが,Linux 5.10でようやく長年の課題が解決することになりそうだ。

Linux 5.10の正式リリースは約2ヵ月後の12月中旬以降が予定されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。