Linux Daily Topics

2020年11月10日 Debain 11 "Bullseye"のフリーズは2021年1月,Debian 13のコードネームは"Trixie"に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

DebianリリースチームのPaul Geversは11月8日,Debianの開発者向けメーリングリストにDebianの次期リリース「Debian 11 "Bullseye"」の開発状況を報告する内容を投稿,2021年1月12日にBullseyeのフリーズを開始するとともに,⁠Debian 13」の開発コードが「Trixie」に決定したことを明らかにしている。

bits from the release team: winter^Wfreeze is coming -Paul Gevers

Bullseyeは2021年後半の正式リリースが予定されているが,1月12日はリリースに向けての「最初のマイルストーン」⁠Gevers)となり,以後,パッケージの大きな変更や新規追加は認められなくなる。今後のスケジュールでは2月12日のソフトフリーズ(マイルストーン2⁠⁠,3月12日のハードフリーズと進むが,最終的に全パッケージの機能を確定するフルフリーズの日時は未定となっている。

Bullseye Freeze Timeline and Policy

また,リリースチームはBullseye(Debian 11⁠⁠,Bookworm(Debian 12)につづくDebian 13の開発コードが「Trixie」となったこともあわせて発表している。Debianのメジャーリリースは,映画「Toy Story」に登場するキャラクターの中から開発コードが付けられるが,Debian 13にはプラスチックのトリケラトプスの人形であるTrixieが選ばれた。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。