Linux Daily Topics

2021年1月14日 「Debian 11 "Bullseye"」のフリーズが開始,i386のサポートは継続へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debianリリースチームは1月13日,開発中の次期リリース「Debian 11 "Bullseye"」がフリーズの第一段階である「トランジションフリーズ(Transition fereze⁠⁠」に入ったことを明らかにした。

bits from the release team: bullseye freeze started and its architectures

リリースチームのメンバーであるPaul Geversによれば,1月12日付けで新規の仕様変更や大規模な改変の受付を終了し,今後は新規のパッケージ追加がストップする「ソフトフリーズ(Soft-freeze⁠⁠2/12予定)までに変更作業の完了を進めていくという。フリーズに入ったことを受け,Geversはパッケージメンテナーたちに対し,重要なバイナリパッケージを変更しないように呼びかけている。

なお,GeversはDebian 11がサポートするアーキテクチャの中に,サポート中止が議論されていたi386が含まれることを明らかにしている。i386に関しては多くのディストリビューションがサポートを終了(または終了を表明)しているが,DebianプロジェクトはBullseyeでのサポートは継続し,その次のバージョンとなる「Debian 12 "Bookworm"」でふたたびi386サポートについて新たな決断をするとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。