Linux Daily Topics

2021年2月3日 Canonical,セキュリティを強化したIoTシステム「Ubuntu Core 20」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Canonicalは2月2日(英国時間⁠⁠,⁠Ubuntu 20.04 LTS(開発コード"Foscal Fossa"⁠⁠」をベースにIoTコンピューティングに最適化した「Ubuntu Core 20」の一般提供を開始した。セキュアブート,ディスクのフル暗号化,セキュアデバイスリカバリなど,Ubuntu 20.04 LTSで強化された多くのセキュリティ機能が実装されている。対応アーキテクチャはx86とARMで,サポート期間は10年。

Ubuntu Core 20 secures Linux for IoT | Ubuntu

Ubuntu Core 20は,センサーやシングルボードコンピュータなどの小型デバイスでの動作を前提に,Ubuntu 20.04 LTSをミニマルにコンテナ化したシステム。IoTプロジェクトのコストとリスクの軽減を図るため,Canonicalによる定期的な自動アップデートが提供されるほか,1000デバイスまでのアップデートやコンサルティング/エンジニアリングをサポートする固定価格サービス「SMART START」も,パートナー企業との連携のもとで提供される。

Canonicalによれば,すでに数万台のIoTデバイス(産業用/コンシューマ用)でUbuntu Coreが動作しており,DellやPlus One Roboticsなど複数のベンダによって商品化が進んでいるとしている。また,Ubuntu Coreの顧客である油圧機器メーカーのボッシュ・レックスロスや,IoTインテリジェントシステムを提供するAdvantechなどの事例も紹介されており,大量のデバイスがデプロイされた現場での導入が進んでいると強調されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。