Linux Daily Topics

2021年2月17日 Linux 5.11がリリース,Intel SGXやAMDのハードウェア群を新たにサポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは2月14日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.11」の正式リリースをアナウンスした。開発期間は約2ヵ月,7本のリリース候補(RC)版を経てのリリースとなる。

Linux 5.11 -Linus Torvalds

Linux 5.11の主な特徴は以下の通り。

  • 「WINE」など非Linuxのシステムコールをリダイレクトするメカニズムを追加,ユーザスペースでのダイレクトなWindowsバイナリ実行が可能に
  • Linux 3.18でマージされたファイルシステム「overlayfs」が非特権ユーザでもマウント可能に
  • Intelのセキュリティ機構「Intel SGX(Software Guard eXtensitons⁠⁠」のサポート
  • 「Vangogh」⁠Green Sardine」⁠Dimgrey Cavefish」などAMD製ハードウェアを新たにサポート
  • Intelのグラフィクスカード「DG1」のサポート
  • NVIDIA Tegra 3をベースにしたゲームコンソール「Ouya」のサポート
  • Btrfsのパフォーマンス向上およびデータリカバリシステムの改善
  • NFSにおける再エクスポート機能(NFS経由でのNFSエクスポート)のサポート。インカーネルのNFSサーバをキャッシュのように使って別のリモートのNFSをエクスポートでき,NFSv3→NFSv4.2(pNFS)なども可能に
  • システムコール「epoll_wait(2)」から派生した「epoll_pwait2(2)」の追加
  • ARM v8.5で実装されたメモリタギング拡張(MTE)をベースに,ARM 64アーキテクチャにおけるメモリリーク検出を高速化

Intel SGXはアプリケーションをセキュアに実行するためにIntelが開発したメカニズムで,⁠エンクレーブ(enclave⁠⁠」と呼ばれるメモリ内の暗号化された領域にユーザコードやデータを割り当て,外部の不正なアクセスからデータやコードを保護する。メインラインにおけるSGXサポートは2016年から開発がスタートしたが,実装までに3年以上を要したことになる。なお,SGXはIntelの第3世代「Xeon Scalable Platform(開発コード"Ice Lake"⁠⁠」でもSGXのサポートが予定されている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。