Linux Daily Topics

2021年2月19日 “木のいて”!? Fedora,KDE実装のイミュータブルデスクトップOS「Fedora Kinoite」を2021年秋にリリースへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2021年4月の一般提供開始に向けて開発が進む「Fedora 34」だが,その次のリリースである「Fedora 35」に関しても新しい動きが出始めている。Fedoraプロジェクトは2月17日(米国時間⁠⁠,デスクトップ環境にKDE Plasmaデスクトップを採用したイミュータブルなデスクトップOS「Fedora Kinoite」を2021年秋リリース予定の「Fedora 35」にあわせて提供することを明らかにした。

Changes/Fedora Kinoite -Fedora Project Wiki

FedoraにはKDEやXfceなどGNOME以外のデスクトップ環境を好むユーザ向けに「Fedora Spins」が用意されているが,今回発表されたFedora Kinoiteは「Fedora KDE Spin」とは異なり,Fedoraのイミュータブルエディションである「Fedora Silverblue」と同じテクノロジ(OSTtree,Flatpak,podmanなど)をベースにしている。いうなればSilverblueのKDEバージョンがKinoiteとなる。

Kinoiteという名称についてFedoraプロジェクトは以下のように説明している。

残念ながら,3つめの「木のいて」が何を示すものなのかはわからなかったが,OSTreeベースのイミュータブルなKDE実装プロジェクトとして,Silverblue同様に徐々にプロジェクト内での周知を図っていく意向のようだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。