Linux Daily Topics

2021年2月26日 Red Hat,OSSコミュニティ/プロジェクトを対象にした無償プログラム「Red Hat Enterprise for Open Source Infrastructure」を提供へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hatは2月25日(米国時間⁠⁠,オープンソースコミュニティやオープンソースプロジェクトなどを対象に,⁠Red Hat Enterprise Linux」のサブスクリプションを無償で提供する「Red Hat Enterprise Linux for Open Source Infrastructure」の開始を発表した。RHEL本体に加え,ビルドシステムやCIテストシステム,さらに運用管理/リスク可視化サービス「Red Hat Insights」やカスタマーポータルへのフルアクセスなども含まれる。

Extending no-cost Red Hat Enterprise Linux to open source organizations -Red Hat Blog

RHEL for Open Souce Infrastructureを利用できるのは非営利団体のオープンソースコミュニティ/プロジェクトとなっており,企業がスポンサードするオープンソースプロジェクトも対象に含まれる。なお,個人の開発者やRed Hatの現在の顧客/パートナーは本プログラムの対象とはなっておらず,非営利団体であってもオープンソースに関連しない組織は対象外となる。

Red Hatは2020年12月,同社がサポートしてきたオープンソースのRHELクローンOS「CentOS」のサポートを2021年末で終了し,今後は「CentOS Stream」に統合していくことを発表したが,この決定に対して一部のCentOSユーザが大きく反発していた。Red HatはCentOSプロジェクトに代わる開発者サポートの一環として,2021年1月に「Red Hat Developer」プログラムの改訂を発表,これまでシングルユーザ/シングルマシンに限定していたRHELの無償提供枠を最大16システムまでに拡張したが,今回のRHEL for Open Source Infrastructureも同様に,対象を限定(オープンソース関連組織)してのRHEL無償プログラムの提供拡大といえる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。