Linux Daily Topics

2021年3月11日 CentOSのリプレースならUbuntuにおまかせを―Canonical,CentOSユーザにUbuntuのメリットをアピール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

CentOS 8が2021年12月をもってサポート終了(EOL)となることで,エンタープライズでCentOSを採用していた企業,とくに金融などクリティカルなサービスを提供している企業の多くが移行先に頭を悩ませている。CentOSと同様にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をアップストリームOSとして開発しているプロダクトとしては「Oracle Linux」や,CentOSクリエーターのひとりであるGregory Kurtzerが2020年末に立ち上げた「Rocky Linux」は有力な候補となる。

そうした中,Canonicalの金融セクターリードを務めるKris Shamaraが「金融サービスのインフラストラクチャで使われてきたCentOSのリプレースとして,なぜUbuntu Linuxが最もすぐれた選択肢なのか(Why is Ubuntu Linux the leading choice to replace CentOS for Finserv infrastructure?⁠⁠」というブログ記事を投稿し,CentOSからUbuntuにリプレースするメリットを強く訴えている。

Why is Ubuntu Linux the leading choice to replace CentOS for Finserv infrastructure? | Ubuntu

Shamaraは金融インフラとしてのUbuntuがすぐれているポイントとして以下を挙げている。

  • 信頼できるリリーススケジュール(半年ごとのリリースと,2年に一度のLTSリリース)
  • 安定した,サポートが万全のLinux OS
  • パフォーマンスと汎用性
  • フルスタックのセキュリティとコンプライアンス
  • マルチクラウド/Kubernetesに最適なプラットフォーム

Canonical/Ubuntuを採用する金融機関としてはフランスのメガバンクであるBNPパリバ,SBIグループの金融システム開発企業のSBI BITS,英国の国際金融グループバークレイズなどが有名だが,これらの企業の多くはUbuntuのマルチクラウドサポートを高く評価している。金融業界は急速にクラウドネイティブ化が進んでいるが,大規模な企業であるほど,インフラは複数のパブリッククラウドと自社構築のプライベートクラウドを組み合わせたハイブリッドな構成にしているケースが多い。

Ubuntuはこうしたマルチクラウド/ハイブリッドクラウドでの運用を得意としており,金融業界のCentOSユーザに対してその優位性をアピールしていく方針のようだ。すでにCentOSのEOLまで10ヵ月を切ったが,エンタープライズの中でもCentOSの導入事例が多い金融業界のユーザをめぐって,水面下での争いが激化しそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。