Linux Daily Topics

2021年4月8日 CentOSのオルタナティブ「AlmaLinux」の人気が上昇中

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2021年12月でサポートが終了する「CentOS」のオルタナティブOSとして,現在人気が急上昇しているのがCloudLinuxがスポンサードするオープンソースプロダクト「AlmaLinux OS」⁠旧Project Lenix)だ。3月30日には初の安定版(stable)となるRHEL 8.3ベースの「AlmaLinux 8.3」がリリースされ,すでに多くのユーザがインストール済みである。

AlmaLinux OS Stable Release is live!
ダウンロードリポジトリ
URL:https://repo.almalinux.org/almalinux/8/isos/x86_64/

また,既存のCentOSからAlmaLinuxに移行するスクリプトも公開されている。

GitHub -AlmaLinux/almalinux-deploy :EL to AlmaLinux migration tool.

AlmaLinux 8.3のGAと同時に,AlmaLinuxプロジェクトの活動を管理する非営利団体「AlmaLinux Open Source Foundation」の設立も発表されており,CloudLinuxは同団体に年間1万ドル(約110万円)を提供することを約束している。なお,コミュニティマネージャにはFedoraプロジェクトでもコミュニティエンジニアを務めてきたJack Aboutboulが就任する。ボードメンバーは全部で5名だが,その中にはOpen Source Initiativeの前プレジデントだったSimon Phippsの名前もある。

AlmaLinuxが注目されている背景には,RHEL(CentOS)クローンとして6万サーバを超える本番稼働の実績をもつCloudLinuxがサポートしていることに加え,事前のアナウンスどおり,2021年第1四半期までに安定版をリリースできた開発体制への信頼がある。"ポストCentOS"として注目度の高い「Rocky Linux」のリリースが当初の予定より遅れていることもあり,Alma Linuxへの関心が安定版リリースで一気に高まったようだ。

CloudLinuxのCEOであるIgor SeletskiyはAlmaLinuxについて「Forever free and open-source: no licenses, no usage restrictions(永遠のフリー&オープンソース:ライセンス料も利用制限もない⁠⁠」と明言しており,2029年まではCloudLinuxがサポートを継続し,開発はコミュニティ主導で行っていくを約束している。RHLE 8.3をベースにした安定版の早期リリースという好スタートを切ったAlmaLinuxが年末までにCentOSオルタナティブとしての地位を確たるものにできるか,要注目だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。