Linux Daily Topics

2021年5月18日 Fedora 35,パスワードによるrootでのSSHログインオプションを終了へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは5月13日(米国時間⁠⁠,開発中の次期リリース「Fedora 35」において,現在のAnacondaインストーラに含まれるオプション「Allow SSH root login with password(パスワードによるrootでのSSHログイン許可⁠⁠」を削除することを明らかにした。Fedoraは2019年からデフォルトでのSSH越しのパスワードによるrootログインを無効にしていたが,このアップデートにより完全にサポートを終了することになる。

Drop the the "Allow SSH root login with password" option from the installer GUI -Fedora Project

アップストリームのOpenSHHプロジェクトでは,セキュリティ上の理由により2015年からパスワードベースのrootログインは無効化されていたが,Fedoraでは2019年まで「SSHログインから別のログイン方法(キー認証,ユーザ認証など)に移行するためのツールが十分に揃っていない」として,アップストリームをリバートしてパスワードベースでのSSHログインを提供していた。しかし2019年からはデフォルトで無効化,⁠Allow SSH root login with password」はオプションとしての提供にとどまっていたが,ついにこれも終了することになる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。