Linux Daily Topics

2021年5月25日 Red Hat Enterprise Linux 8.4がリリース,エッジコンピューティングにフォーカス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hatは5月21日(米国時間⁠⁠,⁠Red Hat Enterprise Linux(RHEL⁠⁠ 8.4」の正式リリースを発表した。なお同社の顧客に対しては5/19から提供をスタートしている。

Stability plus innovation: Red Hat Enterprise Linux 8.4 is now GA -RED HAT BLOG

RHEL 8.4は前バージョンから注力していたエッジコンピューティングサポートをより強化しており,なかでも単一のシステム内で複数のファイルツリーを切り替えて管理できる「OSTree」をImage Builderに実装,OSTreeリポジトリをOCIコンテナイメージに入れることができるようになったため,本番環境のエッジデバイスに対するデプロイ/アップデートを大幅にシンプル化することができる。またOSTreeにより,ネットワーク接続に制限がある(あるいは接続できない)環境のエッジデバイスに対してもイメージのインストール/アップデートが容易になる。

その他の主なアップデートは以下の通り。

  • 「Container Tools 3.0 AppStream」⁠Podman,Buildah,Skopeo,runcの新バージョン含む)の提供
  • RHLEのサブセットで再配布可能なコンテナ用イメージ「Red Hat Universal Base Image(UBI⁠⁠」の追加
  • 開発者向けソフトウェアとしてPython 3.9,Redis 6,PostrgeSQL 13,MariaDB 10.5などを同梱。なお,LinuxカーネルにはLinux 4.18を実装
  • Intel Tiger Lake GPUのサポート
  • ログ管理システム「rsyslog」のログメッセージを転送/受信するプロトコル「Reliable Event Logging Protocol(RELP⁠⁠」
  • SSHサーバ/クライアントへの接続を安定かつ一貫した品質に保つようRHEL SSHを設定する「SSH Client」

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。