Linux Daily Topics

2021年5月26日 F2FS,リードオンリー機能をLinux 5.14以降でサポートへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

F2FS(Flash-Friendly File System)メンテナーのJaegeuk Kim(Google)は5月24日,カーネル開発のGitリポジトリにF2FSのアップデートを投稿し,リードオンリー(RO)機能を追加したことを明らかにした。これにより今夏リリース予定の「Linux 5.14」かそれ以降のリリースでF2FSにRO機能がサポートされることになる。

f2fs: support RO feature -kernel/git/jaegeuk/f2fs.git -The f2fs filesystem

F2FSはSSDやeMMC,SDカードなどのNAND型フラッシュメモリに特化したファイルシステムで,KimがSamsung従業員時代に開発をスタート,Linuxカーネルでは2013年8月リリースの「Linux 3.8」からメインラインにマージされている。

今回のアップデートでF2FSのスーパーブロックにRO機能が定義されたたため,provisioning/reservedやSSA(Segment Summary Area:セグメントサマリーエリア)などをチェックする必要がなくなる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。