Linux Daily Topics

2021年6月2日 もうFSFにとらわれない ―GCC運営,FSFへの著作権移譲を開発者に求めないポリシーに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

GCCプロジェクトを運営するGCC Steering Committeeは6月1日,GCC 9のポイントリリース「GCC 9.4」の公開に合わせ,GCCの著作権譲渡ポリシーの変更を発表,今後はFree Software Foundation(FSF)への著作権譲渡をコントリビュータに依頼しない方針を明らかにした。GCCをはじめとするGNUプロジェクトへのコントリビュータはこれまで自身が開発したプログラムの著作権をFSFに移譲するよう求められてきたが,GCCに関してはその縛りがなくなることになる。

Update to GCC copyright assignment policy

GCC Steering CommitteeメンバーであるDavid Edelsohn(IBM所属)によれば,GCCは今後もGNU GPLv3の下で開発/配布が行われるが,今回のポリシー変更により,GCCへの著作権譲渡を望まないコントリビュータは,コミットメッセージに"Signed-off-by"タグを追加することで,DCO(Developer Certificate of Origin:Linuxカーネル開発のようにどの開発者がどんな貢献をしたかを記録するしくみ)を利用して名前を記録することができるようになる。

「GCC Steering Committeeは今後もフリーソフトウェアの原理原則を支持し続ける。それが変わることはない」⁠Edelsohn)とあるものの,かつてのGNUのリーダーだったリチャード・ストールマン(Richard Stallman)をめぐるここ1,2年の騒動がオープンソースの世界におけるFSF離れを加速したことは疑いなく,GCCプロジェクトが追随するのも自然な流れだといえる。GNUプロジェクトの中でももっとも知名度の高いGCCのポリシー変更は,他のGNUプロジェクトにも影響を与えそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。