Linux Daily Topics

2021年6月24日 Canonical,3DCGソフトBlenderの商用サポートを提供,Ubuntu以外のOSにも対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Canonicalは6月23日,オープンソースの3DCGソフトウェアスイート「Blender」の長期サポート版である「Blender LTS」の商用サポートサービスを提供することを明らかにした。BlenderにはLinux版のほかにもmacOS版やWindows版が存在するが,CanonicalはUbuntu以外のLinuxディストリビューションやmacOS/Windowsで動くBlender LTSについても本サポートサービスで対応する。

Canonical launches Blender LTS support | Ubuntu
Canonical Offering Blender Support -blender.org

現在,Blender LTSとして利用可能なバージョンは2020年6月にリリースされた「Blender 2.83 LTS」と,2021年6月にリリースされた「Blender 2.93 LTS」で,いずれもサポート期間は2年となっている。Canonicalはユーザが使用するOSにかかわらず,この2つのバージョンのエンタープライズサポートを電話もしくはチケットサポートで提供する。メニューは平日のみ対応の「Standard」⁠年間500ドル)と,24時間365日対応でStandardよりも迅速なレスポンスを約束する「Advenced」⁠年間1000ドル)が用意されている。

1998年に初版がリリースされたBlenderは,オープンソースでありながら3Dモデリングやモーショングラフィックス,コンポジット,レンダリングなどの機能にすぐれており,商用3Gソフトに比肩する存在として世界中のユーザから高い評価を得ている。その一方で商用サポートがないことからエンタープライズでの利用が拡大しにくいという課題があった。今回の提携によりオープンソースベンダのCanonicalに有償サポートをあずけることで,20年来の課題を解決しつつ,オープンソースプロダクトとしての存在感を維持する効果が期待できる。Canonicalにとっても自社製品以外のオープンソースプロダクトをサポートするという新しい試みとなり,オープンソースをベースにした新しいビジネスモデルとしても注目を集めそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。