Linux Daily Topics

2021年8月3日 誰もメンテしてくれなくなったから ―openSUSEプロジェクト,コミュニティポータルをシャットダウン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

openSUSEプロジェクトは7月26日(ドイツ時間⁠⁠,2010年から運営してきたコミュニティポータルをシャットダウンすることを発表した。すでにポータルサイトでのサービスの提供は停止されている。

Deactivating connect.opensuse.org -openSUSE News

コミュニティポータルには2万を超えるアクティブユーザと100以上のグループが参加しており,2010年の設立以来,メンバー間の"コンタクトポイント"としてユーザどうしの交流やディスカッションを支援してきた。しかしプロジェクト内でポータルを管理するメンバーが足りず,プロジェクト側が「誰かこのサービスをメンテナンスしてくれないかと何度もお願いしてきた」⁠openSUSEプロジェクト Lars Vogdt)が誰も名乗りを上げないことから,これ以上,技術開発チームのリソースをコミュニティポータルの維持に割くことは無理と判断したという。

「誰もメンテナンスの作業を引き受けないのであれば,世界中のハッカーたちが我々のユーザのデータを共有する前に(ポータルサービスに)"さようなら"を告げるほうがいい」⁠Vogdt)

openSUSEプロジェクトは今後のコミュニティサービスについて「我々はあなたをサポートすることをやめないし,あなたとあなたのデータをセキュアに保つことに全力を尽くす」とコメント,フォーラムやWiki,メーリングリストでサポートを続けながら,新しいホスティングシステムとしてオープンソースの「Pagure」の利用を検討しているという。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。