Linux Daily Topics

2021年8月12日 elementaly OS 6.0 "Odin"がリリース,約2年ぶりのメジャーアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

elementalyは8月10日,⁠elementaly OS 6 "Odin"」のリリースを発表した。2018年10月の「elementaly OS 5.0」以来,1年10ヵ月ぶりのメジャーアップデートとなり,開発コードのOdin(オーディン,北欧神話の主神)という名前があらわすように,多くの新機能が実装され,ユーザインタフェースも大きく変更されている。

elementary OS 6 Odin Available Now

elementary OS 6.0のデスクトップ画面

elementary OS 6.0のデスクトップ画面

elementaly OS 6.0は「Be in Control & Express Yourself(自分でコントロールし,表現する⁠⁠」をポリシーに,ユーザのセキュリティとプライバシーに配慮した設計となっている。おもなアップデートは以下の通り。

  • カーネルにLinux 5.11(2021年2月リリース)を採用
  • デスクトップのスタイルで「ダークスタイル(Dark Style,ダークモード⁠⁠」とアクセントカラー(10色)が選択可能に
  • AppCenterのすべてのアプリケーションをFlatpakでパッケージング
  • アプリケーションのファイルや別アプリへのアクセス設定を視覚的にわかりやすく表示
  • マルチタッチサポート,スワイプの改善(表示の変更や通知の削除など)
  • デスクトップ通知バブルのリデザイン
  • ToDoリストを管理するタスクアプリ
  • メールアプリ(Mail)の完全なリライト
  • 新しいインストーラ
  • 新しいユニバーサルアクセスインジケータなどアクセシビリティの向上
  • 新しい書体「Inter」の追加

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。