Linux Daily Topics

2021年8月20日 LibreOffice 7.2 Communityリリース,Apple Siliconをネイティブサポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The Document Foundationは8月19日(ドイツ時間⁠⁠,クロスプラットフォームのオフィススイート「LibreOffice 7.2 Community」の正式リリースを発表した。

LibreOffice 7.2 Community is strong on interoperability -The Document Foundation Blog
相互運用性がさらに強化されたLibreOffice 7.2 Communityリリース -LibreOffice日本語チームBlog(上記の日本語訳)

LibreOffice 7.2ではMicrosoft Officeとの相互運用性をより強化し,コード変更の60%以上がレガシー(DOC)を含むMicrosoftの独自ファイル形式(DOCX/XLSX/PPTX)との互換性維持/改善に費やされている。また,LibreOfficeとしてははじめてARMベースのApple Siliconをネイティブにサポートするが,開発の初期段階であることからTDFは「重要な業務では利用すべきではない」と注意を促している。

LibreOffice 7.2のおもな変更点は以下の通り。

  • メニューコマンドの検索/実行に便利なポップアップリスト
  • NotebookBarにスクロール可能なスタイルピッカーを追加
  • Sidebarにフォントワークパネルを追加
  • テンプレートダイアログ用に新しいリストビュー
  • XrayライクなビルトインのUNOオブジェクトインスペクタ
  • Writer … ページ全体の背景塗りつぶし,ページスタイルにノドあき(gutter margin)追加,Style InspectorでのRDFメタデータ表示など
  • Calc … AutoFilterによるカラーフィルタリング,オプションで"Fat cross(太い十字)"カーソル,移動平均線(Moving Average)のタイプを選択可能など
  • Impress/Draw … ⁠Candy」⁠Freshes」など新しいテンプレート,テキストボックスに段組み,ステータスバーからダイレクトなスケーリングなど

LibreOffice 7.2の新機能開発にかかわったコントリビュータは171名で,個人ボランティアとして120名が参加,残りの51名はTDFのアドバイザリボードに参加する3社(Collabora,Red Hat,alltropia)のほか,TDFやその他の組織に所属する開発者となる。なお,コミットされたコードの70%は企業/組織所属の開発者によるもので,ボランティアが担当したコミットは30%に当たる。また,232名のボランティアが151の言語でローカライゼーションに参加し,結果として119の言語で利用可能となっている(世界中で54億人以上の人々が第一言語でLibreOffice 7.2を利用可能な計算⁠⁠。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。